VIO脱毛後のケアはどうしたらいいの?

VIO脱毛をした後のケアはどうしたらいいの?

VIO脱毛をした後は、肌が乾燥して荒れやすくなっています。

 

乾燥して水分が不足しているのは、肌にとってとても危険な状態。

 

そのためしっかりと保湿することが大切です。

 

 

なぜ乾燥するかというと、脱毛を行うときの光やレーザーが原因。

 

照射された部分の水分量が非常に減ってしまいます。

 

わかりやすくいうと、髪にドライヤーをかけると髪がだんだんパサパサになってしまいますよね。

 

それと同じことが肌にも起こるのです。

 

保湿クリームでケア

保湿クリーム
脱毛後は必ず保湿クリームを塗りましょう。

 

どの銘柄がいいかということを良く聞かれますが、普段から使っている保湿クリームがおすすめです。

 

なぜならデリケートゾーンなので特に敏感ですし、いつもとは違う保湿クリームを使った場合には、刺激になれていない肌が敏感に反応して、逆に荒れたりすることもあるのです。

 

とはいえ、おすすめのクリームはやはり低刺激、弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーの敏感肌用のもの

 

具体的にはキュレルやユースキン、口コミでも人気のアットベリー、ラヴージュ、ロコベースリペアミルク・クリームなどがいいでしょう。

 

もちろんここに挙げた以外にも低刺激のクリームはたくさんありますので、施術を行う前に自分に合ったクリームを事前に見つけておくことが大事です。

 

また、クリームに含まれている界面活性剤が気になるようなら白色ワセリンもおすすめです。

 

クリニックでの処方されるお薬の注意点

ドクター

医療脱毛を行った場合には、脱毛後に軟膏を処方されることがあります。

 

リンデロン-VGや、リンデロンのジェネリックであるデルモゾールGなどが多く処方されるようですが、ここで注意しなければいけないことがあります。

 

処方される軟膏は、保湿クリームではありません。

 

これは、脱毛後の炎症を抑える作用と抗菌作用があるものです。

 

一般的には毛嚢炎などの湿疹が出た場合に塗るものなので、保湿効果があると勘違いしてべたべた塗りすぎることなどないようにしましょう。

 

使用の場合は、お医者さんの指示に従ってください。

 

やりすぎも逆効果

塗りすぎ

施術後の肌が乾燥しているため、保湿をするのが大事と言っても、保湿しすぎはよくありません。

 

デリケートゾーンが蒸れてしまったら、逆にかゆみや湿疹の原因になってしまうので、適切に保湿しましょう。

 

お風呂上りなどにきちんと拭かないなどは逆効果です。

 

 

その他のポイント

保湿以外にもVIO脱毛した後には気を付けることがいくつかあります。

 

まず脱毛直後は肌を温めないことです。

 

ハードな運動をして汗をたくさんかいてしまったり、お風呂に長くつかるのもよくありません。

 

脱毛後のほてりや炎症が長引く可能性があるからです。

 

 

また脱毛後は毛抜きをしないほうがいいですね。

 

毛根が破壊されているので自然と毛は抜け落ちるのに、無理やり抜いてしまったら効果が半減してしまうかもしれません。

 

 

VIO脱毛後の保湿をしっかりすることによって、肌のキメも整っていき、肌の美白にもつながります。しっかり保湿クリームを使いましょう。

 

vioランキングはこちら