デリケートゾーンがかぶれる・・その原因は?

デリケートゾーンがかぶれる・・その原因は?

毎日下着を密着させ、通気性が良いとはいえないデリケートゾーン。

 

最近、かぶれやすい・・どうしたら良いの?

 


困り顔

 

市販のお薬も流通してますが、ドラッグストアで薬を買うのも勇気が必要ですよね。

 

また、市販のお薬では治せない病気の可能性もありますし、その場合はなるべく早く完治してあげないと将来的に妊娠時などに影響が出てしまう可能性があります。

 

ここでは、人にはなかなか相談できない悩みを少しでも軽減し、かぶれを解消するためにデリケートゾーンのかぶれの原因について探っていきましょう!

 

 

デリケートゾーンのかぶれの原因は?

デリケートゾーンって、「アンダーヘアと下着が密着」→「空気がこもりやすい」→「蒸れやすい」→「細菌が増えやすい」という流れで、いろんな危険が隠れてるんです!

 

かぶれの原因をひとつずつ探っていきましょう。

 

まず第一に、「蒸れ」ですね。
夏や運動した後、長時間イスに座った後、タイツを長時間はいた後などはとくにデリケートゾーンに汗をかいて蒸れやすくなります。

 

次に「生理やおりもの」です。
アンダーヘアで汗のかきやすい場所に加えて、経血やおりもの、さらにナプキンで肌をふさいでしまうのでお肌が呼吸をできない状態になります。

 

ここまでは通常の生活レベルで発生してしまうかぶれの原因ですが、ここからは自己管理の欠陥が原因となります。

 

まず「刺激」です。
あまり強くこすりすぎたり、洗いすぎたり、あとは激しいセックスなども原因となることがあります。デリケートなお肌だからこそ優しく大切に扱ってあげないと肌が悲鳴をあげてかぶれの原因になります。
パートナーにもその事実をきちんと伝えてお肌も気持ち良いセックスができるようにしてくださいね。

 

次に、
「自律神経の乱れ」もかぶれの原因となります。
女性はホルモンバランスも乱れやすく、疲労やストレスが身体に表れやすいと言えます。これらは自律神経の乱れを引き起こし、デリケートゾーンに影響が出ることも・・ストレスが溜まっているときはリフレッシュするなどしてできるだけストレスを軽減するようにしましょう。

 

あとは「性病」ですね。
こちらは主に感染症となり、感染する原因としてデリケートゾーンが不衛生で雑菌が増殖しやすいことも上げられます。かぶれだけでなく、臭いやかゆみも伴い、将来的に不妊症になりやすかったり妊娠したときに胎児に影響が出る場合もあるので、もし性病の疑いがあるならば病院で処置してもらってなるべく早く完治させることが必要です。

 

かゆい

デリケートゾーンのかぶれを防ぐ方法

かぶれの原因は防ぐのが難しい「蒸れ」「生理」も含まれているため、完全に防ぐ方法を見つけるのは簡単ではありませんがいくつか予防方法をお伝えしますね。

 

  • 汗をかいたらショーツを変える。
  • 通気性の良い素材のショーツやタイツを履く。
  • ナプキンはなるべく通気性の良いものを選び、こまめに交換する。
  • デリケートゾーン専用のソープを使用する。
  • デリケートゾーンの脱毛をする。

 

まとめ

このように、いくつか方法はありますが長期的にみて一番賢い選択といえるのが「デリケートゾーンの脱毛をする」でしょう。

 

根本的な原因である「蒸れ」を軽減することができるので、ショーツやナプキンをこまめに変えるなどといった手数を減らすことができますし、感染症の予防にも繋がります。

 

ただし、脱毛するのにも性病にかかっている場合は完治してからの施術になるのでまずはかぶれの状態をきちんとチェックしてから予防方法の対策を取ってみてくださいね!