「VIOライン」のムダ毛の自己処理はどうしてる?脱毛クリーム?脱毛器?

「VIOライン」のムダ毛の自己処理はどうしてる?脱毛クリーム?脱毛器?

「VIOライン」のムダ毛なんて要らない!

VIOってデリケートな部分だけどみんな処理ってどうしてるの?そもそも刃物とか当てて大丈夫なの?

 

そんな風に感じる女性も多いはずです。

 

ムダ毛の自己処理にはカミソリ、脱毛クリーム、脱毛器などいくつか方法がありますが、間違った処理をしてしまうと肌に負担をかけてしまいボロボロの肌になってしまうなど、取り返しのつかないトラブルを招くこともあるので注意したいものです。

 

デリケートな部位である「VIOライン」の自己処理はなおさらのこと、安全で正しい脱毛方法を比べてみましょう!
VIO

「VIOライン」自己処理の方法

「VIOライン」自己処理の方法として上げられるのは、「毛を剃る」「毛を抜く」「薬剤を使う」など以下のとおり様々です。

 

  • 「毛を剃る」方法:カミソリ、電気シェーバーなどの脱毛器、顔用電気シェーバーなど。
  • 「毛を抜く」方法:ピンセットなどの毛抜き、ワックスや脱毛テープ、電気毛抜きシェーバーなど。
  • 「薬剤を使う」方法:脱毛クリーム、脱色剤、抑毛剤など。
  • 「機器を使う」方法:家庭用脱毛器。

 

自己処理方法のメリット・デメリットは?

自己処理をする上で気になる情報をまとめてみました!

 

「毛を剃る」方法

家庭で脱毛サロンと同じような脱毛器を使用できて、自分のペースで脱毛することができます!

 

恥ずかしい部位を自分で脱毛できるのも魅力ですね。

 

痛みも少なく、肌への負担も少ないですが、コンパクトな脱毛器で自分の手で処理していかなければならないので時間と手間がかかります。

 

部位によっては自分では処理しきれない場所も・・もちろん、肌トラブルを防ぐためにしっかり保湿してあげることも必要です。

 

人によっては、面倒くさくなって結局放置・・なんてことも。

 

根気良く続ける必要がありますね!

 

費用は10,000円〜と自己処理方法の中ではお値段が高めです。

 

 

「毛を抜く」方法

ピンセットなど小さくてコンパクトな大きさは持ち運びも便利でいつでもどこでも毛を処理することができるのが魅力です♪

 

ただし、デリケート部分の痛みはかなりのもの・・毛穴の詰まりや炎症などの肌トラブルも覚悟しなければなりません。

 

1本1本抜いていくので時間も手間もかかります。

 

費用は100円〜と自己処理アイテムの中では一番安いですね。

 

 

「薬剤を使う」方法

脱毛クリームは、肌にのびやすくクリームを一定時間塗って放っておけば自然と毛を処理してくれるアイテムなので、短い時間で大きな範囲を処理することができます。

 

ただし、部位によっては自分でうまく塗ることができなかったり、ムラが出来てしまう場合も・・

 

また、薬剤を使用するのでお肌が弱い方には向かなかったり、肌トラブルの要因にもなるので注意が必要です!

 

費用は2,000円〜と持続的に使用するには少し高めですね。

 

 

「機器を使う」方法

ケノン

脱毛の方法として、サロンで通わず家庭用脱毛器でセルフで行うという方法があります。

 

家庭用脱毛器としてあげられるのが、ケノンという脱毛器です。

 

ネットで購入可能で、安いところだと7万円ほどで購入可能です。

 

ケノンは、エステ脱毛と同じフラッシュ脱毛をすることができ、光の出力も段階に合わせて調整することができます。

 

好きな時に、自分で脱毛することができる手軽さがあります。

 

VIO脱毛も家庭用脱毛器ですれば、恥ずかしい思いをしなくていい!と思う人もいると思います。

 

 

しかし、そういった手軽さはありますが、家庭用脱毛器でのVIO脱毛はおすすめできません。

 

それには、やはり素人には難しいということがあります。

 

 

家庭用脱毛器はけっこう難しい…

まず、施術には脱毛したい部分全面に当てるという技術が必要です。

 

照射漏れがあっては、その部分だけ毛が生えてきてしまい、次にまた照射をしても、周りの毛と太さがバラバラになってしまいます。

 

そんなことが何回も続くと、毛が生えてくるところと生えてこないところ、生えてきても太さがバラバラと見た目に美しくない仕上がりになってしまいます。

 

自分で電気シェーバーなどを使って自己処理するのも難しいのに、慣れない機器を使って脱毛することは簡単ではありませんよね。

 

 

家庭用脱毛器はけっこう痛い…

そしてもう1つ、痛みのある脱毛も自分でできるでしょうか?
フラッシュ脱毛は、黒色に反応してムダ毛を除去する、光の波長を使った脱毛方法です。

 

この方法には、よくゴムでパチンと叩かれたような痛みがあると言われますが、正直VIOラインの脱毛はもっと強い痛みを感じます。

 

Vラインならまだしも、IOラインを自分で照射するとなるとかなりの勇気がいるような気がします。

 

 

痛いとわかっていながら自分で照射するのは、1回1回かなり時間がかかります。

 

冷やしながら照射することで、痛みを和らげることができますが、かなり冷やしたとしてもそれなりに痛みはありますし、何せ時間がかかります。

 

 

プロにまかせた方が楽チン♪

同じ方法でも、サロンの機器であれば、冷やしながら同時に照射を行なったり、周りの皮膚を吸引しながら照射したりなど、最新の機器ならではの工夫があります。

 

 

何より、痛みがあるとわかっていれば、自分ではなくエステティシャンの方にテキパキ施術をしてもらった方が短時間で終えることができます。

 

 

家庭用脱毛器は、機器の効果としては、エステ脱毛とそこまで変わらないと言われていますが、やはりプロの手に任せた方が、素早くキレイに脱毛することができます。

 

 

やはりVIO脱毛は、サロンで施術してもらうことをおすすめします。

 

 

理想的な脱毛方法って何?

自己処理のメリット・デメリットを考えると、最終的に気になるのは多くの肌トラブルと自己処理にかかる手間と時間。

 

肌トラブルも少なく、手間と時間もかからない理想的な脱毛方法って何?

 

その答えは、「サロン脱毛」です!痛みも肌トラブルも少なく保湿もしっかりしてくれるサロン脱毛では、自己処理が難しいVIOラインもプロがしっかりと処理してくれます!

 

美肌を保ちながら、ムダ毛の無い日へ一日でも早く付く近付きたい!

 

「サロン脱毛」はそんなわがままを、財布に優しいお値段で叶えてくれる一番の近道です♪

「VIOライン」のムダ毛の自己処理はどうしてる?脱毛クリーム?脱毛器?記事一覧