高校生でVIO脱毛をしても大丈夫?

高校生でVIO脱毛をしても大丈夫?

最近では、高校生の中にも、卒業するまでに全身脱毛が終わっているという子もいるようです。

 

でも、女子高生で脱毛サロンや医療脱毛に通うお金を出すのって大変ですよね。

 

それに成長期に脱毛をしてしまって大丈夫なのでしょうか?
高校生

 

ムダ毛の処理はいつから?

早ければ小学生のころから自分でムダ毛の処理をしている子は多いようです。

 

今は成長も早いのでそれも仕方ないこと。

 

でも自分で処理すると黒ずみやくすみの原因になることもあります。

 

 

一度できてしまった黒ずみは簡単には治せません。

 

そのため、やはり専門的な脱毛がオススメといえますが、その場合にはやはり親御さんの理解がないとできません。

 

もしかすると、理解を持ってキッズ脱毛に通わせるという親御さんは、自己処理の皮膚へのダメージをよく知っている人なのかもしれません。

 

 

社会人になったら・・

実際には、働き始めてからの場合には脱毛サロンに通う時間が取れない人も多いというのが現状です。

 

そのため比較的時間がある高校生の間に通っておくというのもいいかもしれません。

 

その場合、一番のネックになるのは金額ですが、脱毛サロンによっては学割があるところもあります。

 

それを利用すると高校生も通いやすいですよね。

 

 

ただし、学割を利用するときも高校生の脱毛には親権者の承諾が必ず必要になります。

 

そのため、高校生で脱毛サロンに通いたいという人には、やはり親を説得することが必要なようです。

 

高校生

危険はないの?

高校生で脱毛を行う場合に、一番心配になるのは脱毛による副作用ではないでしょうか。

 

特にVIO脱毛はデリケートゾーンなので心配ですね。

 

 

脱毛を行う場合、危険性が全くないということはありません。

 

その危険性を理解することが重要です。そのうえで脱毛をしましょう。

 

もちろんこの危険性は高校生に限らず、脱毛するすべての人に言えることです。

 

そのため、脱毛サロンを選ぶときは皮膚へのダメージが少なく、ダメージを受けたとしてもすぐに処置してもらえる医療系の脱毛を選ぶといいでしょう。

 

 

どの程度脱毛するべき?

女子高生でVIO脱毛をするときに、いきなりパイパン(無毛)にしてしまうのはさすがに問題があるかもしれません。

 

これからどんな人とお付き合いするかわからないのにパイパンにしてしまうのは早すぎるという意見もありますし、なにより男性の反応もまだまだ分からない年代なので、最初から極端なことをするのは避けたほうがいいでしょう。

 

Vラインの形を整えて少し毛を減らすということもできますし、毛の形は選べるので、最初は少し量を減らし形を整える程度にとどめておくといいかもしれません。

 

 

自己処理は危険?

VIOの自己処理はやはり注意が必要です。

 

はさみやかみそりなどで処理してしまうと、毛が尖ってしまい、ショーツから突き出すなんてこともあります。

 

 

最後に、高校生だけどどうしてもパイパンにしてみたい!という場合にはブラジリアンワックスがおすすめです。

 

ワックスを施術したい場所に塗って固まったら紙をつけてべりっとはがします。

 

きれいにつるつるになるので、パイパンの気分を味わえますし、自分はアンダーヘアをどういう形にしたいかも見えてくるかもしれません。

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

vioランキングはこちら