VIO脱毛はしたいけど、においが恥ずかしい?!

VIO脱毛はしたいけど、においが恥ずかしい?!

思い切ってVIO脱毛をしたいけど、やっぱり恥ずかしい。

 

・・その恥ずかしさの原因の大きなもののひとつが「におい」です。

 

処理してもらう際の自分のにおいが心配で、どうしても踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。

 

実際にそれほど気になることはあるの?もしにおうならどうしたらいい?

さて、心置きなく脱毛に集中できるように、においに対する意見やどんな対策があるのかなどを見ていきましょう。

 

元脱毛サロンで働いていた人の意見は?

元エステティシャンの方にうかがうと、「確かににおいのきつい人もいらっしゃいました」とのこと。

 

ただし、処理する側はプロなので、それほど匂いを気にする人はいないようです。

 

それでもどうしても恥ずかしいし気になる!という人の場合には、生理前後の方はにおいいがきついので避けたほうがよいでしょう。

 

また、においが強い人の場合には、すそワキガの人もいるのではないかと思います。

 

「すそワキガ」とは

デリケートゾーンに発生するワキガのこと。脇と同じアポクリン汗腺が陰部にもあるため、ワキガと同じメカニズムで臭いが発生することをすそワキガといいます。

 

参考記事:すそわきがって何?

 

ほかにもにおいの原因はある?

すそワキガ以外でデリケートゾーンの周辺がにおう場合には、衛生面での問題が考えられます。

 

お風呂でしっかり洗っていないとか、おしっこや大便をきちんとふけていないという場合があり、これはきちんと気を付ければ問題ありません。

 

またアンダーヘアを濡れたまま放置したり、下着を変えていなかったりする不衛生な状態が続くと、それがにおいの原因になることがあります。

 

お風呂でしっかりと洗い、タオルなどで拭いてから、可能なら軽くドライヤーを掛けることもいいでしょう。

 

その場合にはやけどの心配がないように冷風を使用してください。下着をきちんと取り換えるというのも大切です。

 

におい対策は?

すそワキガの場合には

先ほどもお伝えした通り、あまり強いにおいがするときには、原因が「すそワキガ」だという場合があります。

 

もし、すそワキガがひどい場合には、手術などを行ってアポクリン汗腺を取ったほうが良いケースもあります。

 

しかしほとんどの人なら、市販の薬などで十分な対策ができるでしょう。

 

また、自分はくさいのではと心配している人の大半は、他人が思っている以上に臭いに敏感になっています。

 

自分が思っているほど他人はにおいを気にしていません。

 

ウィットティッシュを使う

どうしても気になるという場合には、ウェットティッシュでお手入れも有効です。

 

VIO脱毛の直前に赤ちゃん用のウェットティッシュでしっかりふくとにおいも緩和します。ただ粘膜まではふく必要はありません。

 

香水をつける

VIO脱毛前に陰部に香水をつけることによって、臭いも緩和されます。

 

生理前後は予約しない

臭いがきつくなる生理前後は予約しないほうがいいでしょう。

 

ただサロンによっては、生理中でもタンポンをして施術をしてくれるところがあります。

 

でも自分で気になるなら生理前後は予約をしないことが一番です。

 

まとめ

とっても気になるVIO脱毛時の臭いですが、自分でもマナーをわきまえて臨むと、お店の方もやりやすいのではないでしょうか。

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

vioランキングはこちら