VIO脱毛時のおりもの・・・

VIO脱毛時のおりものって気にならない?

エステでVIO脱毛をしたいけど、施術時におりものが出てしまったりしたらどうしたらいいんでしょう?

 

エステティシャンの人はプロだし、たくさんの人を施術しているとは分かっていても、不潔だって思われたら恥ずかしい・・・。

 

そんな悩みからエステでの脱毛をためらっている人もいるのではないでしょうか?

 

 

結論から言えば、施術時のおりものについてはそれほど気にする必要はありません。

 

そもそも、不潔だったり、ケアが不足しているからおりものが出るのではありません。あくまでおりものが出るのは、体質や体調によるもの。

 

エステティシャンも多くの女性に接しているため、そのことはよく分かっています。

 

それにエステティシャンの場合には、女性のカラダについてしっかり勉強しているので、恥ずかしく思う必要はどこにもありません。

 

 

それでも気になってしまう!という人は、施術に入る前にデリケートゾーンを赤ちゃん用のウェットティッシュなどでふいておくとよいでしょう。

 

そうすればきれいになり、気分的にもすっきりとして施術に臨むことができます。

 

聞くところによると、施術時にトイレットペーパーのかすがついていたりすることもあるそうなので、恥ずかしいというよりもエステティシャンの人への心配りという意味で施術前には拭いておくといいかもしれません。

 

 

いくらプロだと言っても、エステティシャンの人だって人間です。きれいにしてくれてると思うと、自然に施術も丁寧にやらなければという気になるものです。

 

 

特にIライン、Oラインの部分は丁寧に吹いておくのがいいですね。

 

粘膜までふく必要はないですが、ビラビラはきれいにできたらベストです。

 

 

施術のときに感じてしまったら?

もしエステティシャンに触られて感じてしまったらどうしよう!そう思っている人も、実は少なくありません。

 

確かに、施術中に気持ちよくなってしまったら、これはちょっと恥ずかしいものかもしれませんね。

 

 

でも、実際には心配はいりません。

 

アンダーヘアの毛は太くて硬いので、レーザーや光照射時の痛みは、通常の施術よりもかなり強めです。

 

それをガマンしなければいけないので、感じているヒマはありません。

 

 

でもやっぱり気になる!そういう人もいるでしょう。

 

そういう人にとって効果的なのは、施術の前に「私は何もしなくても濡れやすいので気にしないでください」と言ってしまうことです。

 

実際、ちょっと触っただけで濡れてしまう人もいるそうですが、それは体質なので仕方がありません。

 

そして、施術を行うエステティシャンや美容外科の看護師さんはまったく気にならないそうです。

 

施術を行っている最中は、自分の手元のことに集中しているため、こちらが気にするようなことに気を取られているヒマはないそうです。

 

 

まとめ

総合するとやはり気にしすぎないことが大事と言えますね。

 

もし脱毛を考えていて、これらのことが心配だった人は、もう気にする必要はありません!

 

安心してサロンや医療機関での脱毛を行ってくださいね♪

 

 

vioランキングはこちら