VIO脱毛の姿勢

VIO脱毛の姿勢について

VIO脱毛って何?

 

VIO脱毛をやりたいけど、なかなか一歩がふみ出せない・・・その理由の堂々ナンバーワンは「恥ずかしい」です!

 

でも「恥ずかしい」なんて理由でやらないのはもったいない!ここでは、聞きたくてもなかなか聞けないVIO脱毛のようすを詳しく見ていきましょう!

 

「VIO脱毛」を受けるときってどんな姿勢なの?

 

「VIO脱毛」って想像するだけで恥ずかしい・・一体どんな姿勢でどうやって施術を受けるのか気になりますよね。

 

赤の他人にデリケートゾーンをさらけ出すなんて恥ずかしすぎる!

 

でも、「VIO脱毛」はしたい・・そんなあなた必見の「VIO脱毛」施術時の姿勢を体験をもとにお教えします♪

 

「VIO脱毛」前の格好

「VIO脱毛」を始める前に、まず施術ルームで紙ショーツに履き替えて、タオル地のワンピース1枚を着ます。紙ショーツはTバックのような形なので風通しが良くその時点で恥ずかしい気持ちになるかもしれませんが、初めだけです♪

 

格好の準備が整った頃、スタッフさんが声をかけながら入室してきてベッドに仰向けに横たわるように指示されます。そのとき、目の上にタオルをかけてくれるのでスタッフの方に恥ずかしい姿を見られているという感覚が薄れますよ。

 

Vライン→Iライン脱毛の姿勢

さぁ、いよいよ脱毛です!順番としてはVライン→Iラインの脱毛からのスタートです!

 

まずはVライン

右足の足裏をもう左足の側面に折り曲げ、いわゆる「シェーのポーズ」を取るよう指示をされます。

 

スタッフさんはまず事前処理の状態をチェックし、毛が多少残っている場合はさっとシェーバーで処理してくれます。

 

剃り残しがあまりにも多い場合には施術してもらえないのでしっかり自宅で処理するよう注意してくださいね!

 

スタッフさんは紙ショーツをずらしながら、右側太もも付け根→右側Vラインにジェルを塗って照射していきます。体験すると分かりますがスタッフさんは慣れてるので手際が良く早いですし、パチン!と肌への刺激もあるので恥ずかしさを感じる暇はありませんよ!

 

続いてIライン

その流れで次はIラインの脱毛がスタートします!

 

Iラインは、紙ショーツの右端をぐっと中心部分に寄せながら、右側Iラインにジェルを塗りながら照射していきます。

 

皮膚が薄いデリケートな部位なので肌への刺激が多く、痛みを強く感じることもありますので恥ずかしさを感じる暇はあまりありません。

 

ここで、右側の照射が完了したら今度は左側の照射に移ります。

 

今度は左足の足裏を右足の側面に折り曲げた姿勢になるよう指示をされて、左側Vライン→Iラインの順番で紙ショーツを器用にずらしながらジェルを塗り、照射していきます。

 

これで左右ともにVIラインの照射が完了です!

 

Oライン脱毛の姿勢

さて、いよいよ終盤のOライン脱毛のスタートです!

 

仰向けの姿勢から、うつぶせの姿勢に変えて腰を少し浮かせるよう指示されます。

 

スタッフさんがお尻の割れ目を開き、Oラインの事前処理状態をチェックして毛が多少残っている箇所はシェーバーで処理してくれます。

 

事前処理が完了したらジェルを塗って、肛門周りを照射してくれます。

 

これでOラインの照射も完了です!

 

 

「VIO脱毛」の姿勢は恥ずかしい?

恥ずかしい

恥ずかしいと感じるのは、初めの1回だけ、それもその途中までです!施術を1回受ければ、それ以降は慣れてきて恥ずかしさが消えて施術に集中できるようになります。

 

スタッフさんは慣れてますし、スピーディーに進めてくれるので安心してVIO脱毛を受けることができますよ♪

 

たまーに感じやすい人は「施術中に濡れてしまったら恥ずかしい!」と心配するようですが、それだって問題なし!

 

実際に施術を受けてみるとテキパキした環境の中で濡れることの方が大変ですし、実際に濡れてしまってもスタッフにとってはいつものこと♪聞いてみたところ「そういう人もたまにいますがまったく気になりませんね(棒読み)」だそうですよ。

 

恥ずかしさだけでVIO脱毛に踏み切れない方も、これで少しは安心して脱毛できるのではないでしょうか?!