ハイジーナ脱毛のメリット

ハイジーナ脱毛のメリット

海外ではハイジーナの率が高いと言われていますが、ハイジーナにする最大のメリットはやはり清潔感です。

 

脇毛を処理するのと同じような感覚で、全て毛がないことが見え方的にも衛生面的にも良いと考える人は多いです。

 

生理中のおりものが多い人や、かゆみに悩まされている人は、脱毛することでかゆみがなくなったなど、悩み解消に繋がるかもしれません。

 

全く毛のないハイジニーナの状態にしなくても、ある程度毛を薄くしたり、部分的に脱毛することで、こういった悩みは解消されることもあります。

 

 

ハイジニーナにすることで最も良い点

それは、アンダーヘアのケアをしなくて良いということです。

 

VIラインを残して脱毛した場合、形をキレイに残すために、長くなった毛をカットしたりと、キレイに残しておくためにはある程度のケアが必要です。

 

 

残している面積が小さければ小さいほど、その形を維持するにはケアする頻度を上げなければいけません。

 

ハイジニーナにすれば、こういった面倒なケアは必要なくなります。

 

 

徐々にポピュラーに

ハイジニーナは、海外からはじまり、日本でも徐々に浸透しはじめています。

 

しかし、温泉などに行くとわかるように、まだまだその率は低いでしょう。

 

また、20〜30代ではハイジニーナにしている率は多くなってきていても、それ以上の年代の人たちでは少なかったりなど、世代の差もあります。

 

 

ハイジニーナにすることで、温泉などある程度人の目が気になる部分も出てくるかと思います。

 

しかし、どちらかというとハイジニーナにすることは自分自身がキレイになりたいという願望、自己満足の部分が大きいでしょう。

 

 

キレイになりたいと思う気持ちは、とても大切です。

 

 

爪や髪の毛のケアをするのと同じように、アンダーヘアの処理をしているということは、細かい部分までケアが行き届いていてとてもキレイだと思います。

 

しかもハイジニーナの脱毛の場合、爪などと違い、一度脱毛が終了すれば、それ以降ケアをしなくても良いという楽さもあります。

 

 

まとめ

パートナーによっては、ハイジニーナに抵抗のある人もいると思います。

 

でも、逆にハイジニーナを好む人もいます。

 

その方が清潔感があってキレイと感じるのです。

 

 

自分自身が、キレイだと満足できる脱毛をすることは、女性としてキレイでいようとする意識が上がって、さらに女度が磨きがかかる大切な気持ちなのです。

vio部位ランキング関連ページ

ハイジーナ脱毛のデメリット