VIO脱毛をする危険性

VIO脱毛をする危険性って?

VIO脱毛の危険性については、場所が場所だけに人に気軽に聞けませんよね。

 

でも危険性を知らずに施術してしまうのは後悔の元です!

 

そもそも、なぜアンダーヘアが生えているのでしょうか?

 

 

フェロモン説

理由には諸説ありますが、人間の進化の過程でフェロモンを出す必要があったとする説があります。

 

フェロモンを毛に乗せることによって表面積が大きくなるので、効率的にアピールできるということです。

 

 

体温調整説

また、体温を維持するためという説もあります。

 

毛が生えている箇所はその部分を保護するのが目的で、特にアンダーヘアは生殖器を守っているので当然ともいえます。

 

またセックスの衝撃のクッションとなっているという説もあります。

 

やはり大事な守るべき部分に毛が生えるので、特に頭なんて髪の毛がふさふさですよね。

 

 

感触器説

そしてアンダーヘアが感触器だという説もあります。

 

男性でも女性でも性的に興奮すると性器が反応すると思っている人が大半だと思いますが、性的に興奮すると立毛筋が収縮してはじめに毛が立ち始めるそうです。

 

つまり、性的な興奮を覚えたとき、最初に反応するのがアンダーヘアということになります。

 

 

そんなアンダーヘアを脱毛してしまっても、なにも問題はないのでしょうか?

脅かすようなことを言いましたが、結論から言うと、ほとんど問題はないといえます。

 

今はフェロモンで男性を選んだりしないですし、体温維持も問題はありません。

 

感触器としての役割もほとんどの人が何も気にならないそうです。

 

 

それよりもデリケートゾーンをきれいにしておくことで清潔に保たれるというメリットのほうがはるかに大きいでしょう。

 

ちなみ古代エジプトではアンダーヘアをそる文化があったようです。

 

昔なので毛じらみの予防の目的だったんです。

 

VIO脱毛で起こりうる危険性とは?

 

第一の危険性

一番大きなリスクは、毛嚢炎になる可能性です。

 

脱毛でレーザーを肌に照射すると、肌の表面にもともといる常在菌のバランスが崩れます。

 

 

この常在菌は肌の免疫力で侵入を防いでいますが、レーザーを照射することによって肌がやけど状態になり菌が侵入、毛嚢炎になるのです。

 

ただし、もしなってしまったとしてもクリニックで出してもらえる軟膏を塗れば3〜5日程度で完治します。

 

 

第二の危険性

もう一つは多毛化・硬毛化するということです。これは弱い光をあてたときにおこります。

 

弱い光で施術してしまうとかえって毛がお肌を守ろうと濃くなってしまう可能性が高いです。

 

医療脱毛の場合は強い光を使用するのでその心配はありません。

 

また、医療脱毛ならやけどをしてしまっても処置してもらえるので、その点でも安心できます。

 

 

ちなみに、やけどをした場合にはシミなど色素沈着を起こす可能性も高くなります。

 

その場合は塗り薬などを使いながらお肌のターンオーバーを待つしかありません。

 

 

第三の危険性

また赤みや腫れを起こす場合もあります。

 

アンダーヘアは太くて硬いのでよりレーザーが反応しやすく、痛みも強いですし、毛穴一つ一つが赤くなります。

 

ただ休養日を2〜3日程度設けると完治することがほとんどです。

 

 

医療脱毛の場合には、永久脱毛なので本当に毛が生えてこなくなります。

 

ツルツルにしたいと思ってVIO脱毛を始めても、いきなり全部ツルツルにしてしまうのは、もしかしたら彼氏や旦那さんの同意が得られないかもしれません。

 

様子を見て少しずつやったほうがいいでしょう。

 

 

その他の危険性って?

脱毛するとがんになってしまうのでは?と心配する人もいます。

 

しかし現在脱毛で使われている機械は、きちんと安全性をチェックされたもの。

 

またVIO脱毛をすることによって不正出血をおこすのでは?と思う人もいると思いますが、その心配もありません。

 

脱毛後に不正出血をしたらほかの原因を探しましょう。

 

 

ただし妊娠している女性は、安全性を考慮してVIO脱毛は受けることができません。

 

妊娠していない人は問題なく受けることができ、その後も妊娠に影響はありません。

 

 

光アレルギーが強い人や今までケロイドになったことがある人は皮膚科のお医者さんに相談してみてください。

 

またHIVの人もお医者さんに相談しましょう。

 

ほとんどの脱毛サロンではHIVの人は申告してほしい項目に含まれているようです。

 

まとめ

VIO脱毛の危険性についてお話してきましたが、VIO脱毛はきちんとルールを守ればできる施術です。

 

できれば医療脱毛を受けたほうが、何かあったときに処置してもらえるので安心ですね。

 

 

vio脱毛安いおすすめランキング情報室TOPへ戻る