自己処理とシミの関係!

自己処理とシミの関係!

自己処理してシミができてしまった!

カミソリで自己処理していたら、気が付いたらシミが出来ていた!という事はありませんか?

 

カミソリでの自己処理は簡単ですが肌に大きな負担をかけています。

シミ

 

長期間に渡り肌に刺激・負担をかけていると色素沈着を引き起こしてシミが出来てしまいます。

 

ここでは自己処理でシミが出来てしまう原因をご説明します。

 

 

カミソリなどでシミが出来る!

自己処理で一番お手頃なのはカミソリでのムダ毛処理方法です。

 

しかし、カミソリの処理は肌に大きな負担をかけています。

 

カミソリで肌を剃ることは、まるでサランラップ1枚の皮膚を剃り落としてることと同じです。

 

皮膚の表面に定期的に決まった刺激を与えると、刺激から肌を守ろうと表皮の最下層でメラニン色素が反応して、刺激を与えられた場所に集中してしまうのが色素沈着の原因です。

 

色素沈着するとなかなか元の肌に戻すことは難しいです。

 

もし自己処理でシミが出来てしまった場合、ビタミンCや美白成分などが配合されている基礎化粧品を使用して肌を良い状態に保つ事が大切です。

 

 

自己処理ならこれ!

どうしても自己処理をしたい場合は、カミソリではなく電気シェーバーをオススメします。

 

電気シェーバーはカミソリよりは肌に刺激を与えないので色素沈着は起こしにくいです。

 

しかし、色素沈着を起こさないようにするには自己処理をしないことが一番です。

 

シェーバー

 

埋没毛によってシミが出来る!

埋没毛とは毛が皮膚の下に入り込んで成長してしまう毛のことをいいます。

 

この埋没毛の原因は、自己処理の失敗にあります。

 

毛を抜くことによって皮膚の表面に小さな穴が開きます。

 

小さ穴でも皮膚の表面はその穴を「傷」と認識し、「傷」を塞ごうとかさぶたを作ります。

 

 

その結果、毛穴が塞がり伸びてきた毛が外に出られずに皮膚の下で成長します。

 

埋没毛は目で確認することが出来るのでどうしても気になってしまいます。

 

しかし、気になるから毛抜きで皮膚を傷つけて、埋まっている毛を無理に出そうとしないで下さい。

 

毛抜きで傷つけたところはシミのように跡に残ってしまいます。

 

また、傷口から菌が入り込んで炎症を引き起こすこともあります。

 

 

気になる場合は、ボディースクラブなどで角質を取り除くことで埋没毛を解消しやすくなります。

 

ボディスクラブ

 

毛嚢炎でシミが出来る!

毛嚢炎とは消毒をしていないカミソリなどで自己処理した時に皮膚を傷つけてしまい、その傷口からブドウ球菌が入り込み感染して発症するケースが大半です。

 

赤く腫れ上がり、皮膚がかゆかったり、熱を持ってる状態になります。

 

我慢できずに掻いてしまって傷がシミのように跡に残ってしまいます。

 

 

毛嚢炎になってしまったら患部を消毒したり、抗菌石鹸で洗うなどして清潔に保つことが大切です。

 

参考記事:デリケートゾーン専用石鹸の効果と種類

 

自己処理をせずに脱毛しに行こう!

自己処理をすることで肌に負担がかかり色素沈着を引き起こします。

 

シミを作らないためには早めに自己処理はやめて脱毛サロン、医療脱毛をすることをオススメします。

 

脱毛サロン、医療脱毛することで肌の負担が減り色素沈着を起こしません。

 

 

また、脱毛サロンや医療脱毛にて使用されている保湿液、ジェル、ローションなどにはヒアルロン酸や美白成分が配合されているものが多いです。

 

脱毛しながら美肌にもなれるなんて一石二鳥です!

 

脱毛してきれいに!

 

シミが出来てしまうと気になってしまいシミを隠すようなファッションをするようになってしまいます。

 

半袖やスカートを気にせずに着たいですよね?

 

シミが出来てからの対策ではなく、出来る前から対策をしていきましょう。

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

vioランキングはこちら