すそわきがって何?

すそわきがって何??

デリケートゾーンのにおいが気になる!

 

それはもしかしたら、すそワキガが原因かもしれません。

 

すそワキガというのは大陰唇(ヒダの外側)にあるアポクリン汗腺が原因で、においがきつくなってしまうことをいいます。

 

別称「外陰部臭症」とも呼ばれ、女性器周辺からワキのワキガ臭のようなにおいがするためすそワキガと呼ばれています。

 

もしすそワキガのままだったら・・彼氏とのエッチも楽しめないかもしれません・・。

 

 

すそワキガの対策はどうしたらいいの?

もしすそワキガだった場合、完全に解決するためには大陰唇(ヒダの外側)を切開して、アポクリン汗腺を切除する手術を受ける必要があります。

 

もちろん市販の薬なども販売されていますが、においがあまりにきつい場合や根本的な対策を行いたいというときには、切除する方法をとるのがおすすめです。

 

最近は技術が発達しているため、皮膚に小さな傷がつく程度に、ごくわずかに切開してレーザーで焼く方法もあります。

 

しかしこの場合は、微妙に組織が残ってしまう焼き忘れなども起こりうるので、それを踏まえたうえで手術してもらいましょう。

 

すそワキガの解消法として、他には電気凝固法というのがあります。

 

電気凝固法とは、毛穴に電気線を刺して電気を流し、毛根周辺組織であるアポクリン汗腺を熱で凝固させてしまうという方法です。

 

この方法は1回ではできないので、何回かに分けて行う必要があります。

 

 

VIO脱毛はすそワキガに効果ある?

医療レーザーでのVIO脱毛の場合は、毛根と毛根周辺組織を熱変性させることで、二度と毛が生えてこないようにするわけですが、このレーザーによってアポクリン汗腺の一部を凝固させることがあります。

 

そのため、多少はすそワキガに効果があるといえます。また、VIO脱毛をするとアンダーヘアの量自体が激減します。

 

すそワキガは、毛の周囲に住み着いている細菌によって起きるもの。つまり、毛を少なくすると細菌が少なくなるなど、デリケートゾーンが清潔に保たれるようになるので、においの予防にもなると言えそうです。

 

 

すそワキガを見分けるポイント

自分がすそワキガかわからない場合も多いと思います。

 

その場合は耳垢を確かめましょう。

 

耳垢が湿っている人はすそワキガである可能性が高いので、何らかの対策をしたほうがよさそうですね。

 

耳垢が湿っていない人はすそワキガである可能性は低いので、においが気になるようでしたらほかの原因も探ってみましょう。

 

もともとの体質や、Iラインの毛が多く細菌が繁殖している、性病、など原因は様々です。

 

 

ただ、自分はにおいがきついからすそワキガだと勘違いしている女性も多いようですが、実際すそワキガの女性は1%前後と言われています。

 

やはりにおいが気になったらいろいろな原因の方を考えたほうがいいようです。

 

まとめ

すそワキガの切開手術には、20〜30万円程度の費用がかかります。

 

電気凝固法も同じくらいかかるということで、これらの方法では費用もかさみますので、多少気になるのであれば最初にVIO脱毛をしてみたほうがいいでしょう。

 

費用や状態に合わせて、自分に向いた方法を探してみましょう。

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

vioランキングはこちら