VIO部位の脱毛回数と手法

VIO部位の回数と手法

エステの光脱毛(SSCやIPL)だと、効果が出にくくて回数と期間がかかるので、手っ取り早く終えたい人には医療レーザーがオススメです。

 

そして、VIOの回数のだいたいの目安は、医療レーザーなら5回から8回で、エステなら18回から25回くらいと言われています。

 

以上の回数が、「完全脱毛」にほぼ近い状態になりえる脱毛回数です。

 

ただしこの回数は毛の濃さと施術回数には個人差があるのであくまで目安です。

 

「VIO脱毛」って痛いの?効果はあるの?

 

脱毛初心者の人がVIO脱毛経験者の友達の話を聞くと、

 

「痛すぎて叫んじゃった!」
「ずっと痛みに耐えてた」
「そこまで痛みは感じなかった」
「効果が出るから痛みも耐えられる」

 

などその意見はさまざま・・痛みに弱い人は、思わず腰が引けてしまいますよね。

 

VIOラインは皮膚が薄いうえ毛が太く濃く、メラニン色素である黒色に反応する照射を受けるので、体の中でも特に痛みや刺激を感じやすい部位です。

 

―痛みに耐えるだけ耐えて、それで効果が無いこともあるの?もしそうだったらやる意味ないじゃん!

 

そんなあなた必見!

 

自分の選択次第で、脱毛効果を保ちながら痛みを軽減できる脱毛方法を見つけることもできるんです♪

 

自分に合った脱毛方法を見つけてムダ毛の無いつるつる美肌を手に入れてくださいね♪

 

「VIO脱毛」の痛みと効果

VIOラインは、皮膚が薄く外部からの刺激に弱いデリケートな皮膚に濃く太いアンダーヘアが生えている部位です。

 

そこにメラニン色素に反応するレーザーを照射していくので、アンダーヘアには特に強く反応します。

 

ですから、他の部位に比べて痛みを感じやすいです。

 

ただし、脱毛方法の選択によっては痛みを軽減することも可能です!

 

その反面、効果も異なってくるので、まずはあなたに合った脱毛方法を選択してみることから始めましょう♪

 

ニードル脱毛

  • 痛み:★★★
  • 効果:★★★
  • 費用:★★★

ニードル脱毛は医療機関で行われ、1つ1つの毛穴に針を刺して電流を流し毛根を破壊する脱毛方法です。

 

脱毛方法の中では特に痛みが強く、1つ1つの毛穴に処理をしていくので時間がかかるうえ高度な技術も必要です。

 

ただし、毛の再成率が最も低く永久脱毛に一番近い脱毛方法です!

 

激しい痛みに長時間耐えてでも確実に脱毛したい方におすすめです♪

 

 

医療レーザー脱毛

  • 痛み:★★
  • 効果:★★
  • 費用:★★

医療レーザー脱毛は医療機関で行われ、黒いメラニン色素に反応するレーザーを広範囲の肌に照射することで毛根を破壊する脱毛方法です。

 

ニードル脱毛に比べて痛みが少なく、皮膚を冷やしながら照射したり、皮膚を吸引しながら照射したりと痛みを緩和しながら照射してくれます!

 

どうしても耐えられないときには、照射強度を弱くしてもらうこともできますよ♪

 

効果は毛の再成率が比較的低く、ニードル脱毛についで永久脱毛に近い効果が期待できます!

 

多少の痛みを感じたとしても確かな効果を実感したい方におすすめです♪

 

 

光(フラッシュ)脱毛

  • 痛み:★
  • 効果:★
  • 費用:★

光脱毛はエステサロンで行われ、黒いメラニン色素に反応するレーザーを広範囲の肌に照射することで毛根にダメージを与える脱毛方法です(※破壊ではありません)。

 

効果は永久脱毛の効果を得ることは難しいですが、回数を重ねてダメージを与え続けることで、毛が薄くなり自己処理しなくてもムダ毛がほとんど目立たなくなります!

 

肌に優しくじっくり脱毛効果を実感できるので、痛みに弱く肌もデリケートな方におすすめです♪

 

 

vioライン処理ランキングへ戻る