デリケートゾーンのケアにはどんなものがある?

・VIO専用トリマー
デリケートゾーンのムダ毛は生えっぱなしの状態にしておくと見た目も良くなく、汗やおりものがこもりやすく、ニオイの原因となったり衛生的にも良くない状態になりやすいです。

 

VIOのムダ毛をキレイな状態に保つことで、見た目も女性らしく上品になるだけでなく、衛生面もグッと改善されます。

 

しかしデリケートゾーンは肌の凹凸もあり、皮膚が伸びやすいのでなかなかシェービングしにくい部位でもあります。
デリケートゾーンのムダ毛を処理するためには、VIO専用トリマーを利用しましょう。

 

VIO専用トリマーのメリットは、

  • 剃りにくいデリケートゾーンのムダ毛も肌を気付つけずに安全に処理できるように工夫されている
  • 一般的なシェーバーよりもサイズが小さく、小回りの利くデザインになっている
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 衛生面をキープするために、刃が丸洗いできる構造になっている

などが挙げられます。

 

肌を傷つけないことはデリケートゾーンをケアする上で一番大切なことなので、普通のシェーバーをすでに持っていても、VIO専用トリマーを購入する価値はあります。

 

デメリットとしては、

  • VIO専用トリマーは小型タイプの商品が多いため、全身のムダ毛を処理するには使いにくい
  • 乾電池式の商品が多いため、乾電池を定期的に取り換える必要がある

などが挙げられます。

 

・ウォッシュソープ
デリケートゾーンの肌は再表面の角質層が薄く、粘膜にも近いため体の他の部分よりも敏感な構造になっています。
さらに外部からの雑菌の侵入を防ぐために、常に常在菌が存在していて外部からの雑菌の侵入を防いでいます。

 

デリケートゾーンを清潔に保つことは非常に大切なのですが、キレイに洗いすぎてしまってもこれらの自然の体の働きを壊してしまうことになります。
例えば殺菌作用の強いボディソープや石鹸などでデリケートゾーンをしっかりと洗ってしまうと、デリケートゾーンの常在菌まで洗い流されてしまってデリケートゾーンは雑菌や細菌の攻撃に弱い状態になってしまいます。

 

外部からの雑菌が繁殖してしまうと、キレイにしているはずなのにニオイが発生したり、おりものの量が増えるという悪循環を繰り返してしまうのです。

 

そこでデリケートゾーンもキレイで清潔に保ちたいという人には、デリケートゾーン専用のウォッシュソープが理想的です。
デリケートゾーン用のウォッシュソープは、常在菌を攻撃しすぎないように低刺激な成分で作られているものが多く、肌を優しくいたわりながら洗いあげることができます。

 

またデリケートゾーン用のウォッシュソープには、それだけではなく黒ずみ改善効果があったり、保湿効果が含まれている商品も多いです。

 

ウォッシュソープを利用するメリットは、

  • デリケートゾーンの肌をいたわりながら清潔を保つことができる
  • 早くからケアを始めることで、キレイなデリケートゾーンをキープすることができる

などが挙げられます。

 

またデメリットとしては、

  • デリケートゾーン用のウォッシュソープは一般的なボディソープよりも若干高価な傾向がある
  • デリケートゾーンだけ分けて洗う手間がかかる

などが挙げられます。

 

・クリーム
デリケートゾーンの皮膚は薄く敏感なので、外部からの刺激に弱いです。
シェービングの後はローションやクリームでスキンケアしてあげるのが理想的ですが、使用するローションやクリームも低刺激な商品を選ぶようにしましょう。

 

デリケートゾーン専用のクリームを選ぶメリットは、

  • デリケートゾーンのケアに着目することで、自分の体の状態を把握することができる
  • デリケートゾーンのニオイだけでなく、黒ずみの対策もできる
  • しっかりと保湿されることで、脱毛中の人は脱毛効果が上がる

などが挙げられます。

 

またデメリットとしては、

  • デリケートゾーン用のクリームは一般的なボディクリームよりも若干高価な傾向がある
  • 薬局などで購入する際は少し恥ずかしい

などが挙げられます

 

デリケートゾーンのケアに必要なものは?保湿?他にはある?

 

・保湿
デリケートゾーンをキレイで衛生的に保つためには、デリケートゾーンの保湿は欠かせません。
ムレやすいデリケートゾーンですが、実際肌は下着との摩擦やおりものシートやナプキンの摩擦で乾燥しやすい状態になっています。

 

特に入浴後は肌の油分が洗い流されて乾燥しやすい状態となるため、しっかりとした保湿ケア必要になります。

 

・デオドラント
デリケートゾーンは常在菌の働きによって常に酸性の状態となっているため、少しツンとしたニオイがするのが正常な状態です。
しかしこのニオイが気になる人も多いのが実際のところです。
ニオイが気になる人は過剰に洗いすぎるのではなく、適度に衛生を保てるように洗い、デオドラントを使用して独特のニオイをコントロールすることができます。

 

ニオイのせいで女性としての自信をなくしてしまわないように、デオドラントを上手く活用して積極的に恋愛も楽しみましょう。

 

・美白クリーム
デリケートゾーンの脱毛をしている人の多くが、デリケートゾーンの黒ずみに対して悩みを抱えています。
デリケートゾーンにしっかりと毛が生えている状態だとあまり分かりにくいですが、デリケートゾーンはワキ以上に黒ずみやすい部位なのです。
デリケートゾーンが黒ずんでいると、「遊んでいる女」というイメージを持たれてしまう可能性もあります。
必ずしも男遊びが激しい人のデリケートゾーンが黒ずむという訳ではありませんが、実際にデリケートゾーンが黒ずむ原因の1つとして摩擦が挙げれれるので、あながち間違いでもないのです。

 

デリケートゾーンの美白クリームはそういった悩みを、肌に優しく解決してくれます。
デリケートゾーンの黒ずみは一度起こしてしまうと改善に時間がかかる部位でもあるので、予防として利用するのも効果的でしょう。

 

デリケートゾーンのトラブルの種類は?

 

・ニオイ
デリケートゾーンのトラブルの原因として挙げられるのがニオイです。
少しツンとしたニオイは女性の体を守るための自然の働きの1つで、正常範囲内です。
しかし腐ったチーズや魚介のようなニオイがする場合は、性感染症の疑いがあるかもしれません。

 

性感染症は性的行為で感染することもあれば、体調不良やホルモンバランスの不調などで自然に発生することもあります。
少しいつも以上に様子がおかしいと感じた場合は、早めに医師の診察を受けるのが理想的です。
性感染症をそのままにしておくと、重大な病気に繋がったり将来不妊になってしまう可能性もあります。

 

また、ニオイが気になる場合はデリケートゾーンの洗い方をもう1度見直してみましょう。
デリケートゾーンを洗うときは、
・デリケートゾーン用のウォッシュソープを使う
・泡立てネットなどで泡立てたウォッシュソープをそっとデリケートゾーンにのせる
・ウォッシュソープの泡で数分泡パックをする
・円を描くように優しく洗う
・ウォッシュソープが肌に残らないようにしっかりと洗い流す
・洗い流す際に、デリケートゾーンの間に溜まるカスもしっかりと洗い流す
・膣内はソープが侵入しないように心がけ、水のみでも洗わないようにする
といった方法で丁寧に洗浄することで、デリケートゾーンの環境は改善します。

 

それでもニオイが気になるという人は、デリケートゾーン用のデオドラントスプレーをチェックしてみましょう。
ニオイが発生する前から使用することでニオイを抑制できるだけでなく、ニオイが発生してしまってからでもミントの香りなどでカモフラージュすることができる商品もあります。

 

・毛
ムダ毛の悩みは思春期から始まり、生涯ずっと付きまとう悩みの1つです。
急なデートや水着を着る機会などでも慌てなくていいように、普段から対策をしておくことが最善の方法と言えます。

 

安価で簡単な対策方法は、カミソリやVIO専用トリマーでシェービングする方法ですが、それだけでは繰り返しの処理が必要となり永久的に処理を繰り返さなくてはいけません。

 

またブラジリアンワックスも手軽にデリケートゾーンのムダ毛を処理することができる方法の1つですが、それもやはり繰り返しの処理が必要になることには変わりありません。

 

おすすめのムダ毛処理方法は、
・家庭用脱毛器
・脱毛サロン
・脱毛クリニック
を利用して永久脱毛してしまうことです。

 

デリケートゾーンは肌が敏感なため、繰り返しの自己処理を行えばどの方法であっても必ず黒ずみのリスクが高まります。
黒ずみを予防したいのであれば、早めに永久脱毛に切り替えることが理想的です。

 

どうしても金銭的に難ししという場合は、上記の中でも一番肌にストレスのかからないVIO専用トリマーでの処理がおすすめです。
処理後のチクチクとした感じはどうしても防げないですが、ピンセットやブラジリアンワックスで毛を抜くという行為は埋没毛や肌荒れなどのリスクにもなりやすいです。

 

・黒ズミ
黒ずみの原因は、
・下着のサイズが合っていないなど衣類による摩擦
・ナプキンやおりものシートによる刺激
・かゆみにより自分で引っかいてしまう摩擦刺激
・洗いすぎによる刺激
が挙げられます。

 

肌は刺激を受けると肌を守ろうとして体内でメラニン色素を活性化させます。
メラニン色素は肌のターンオーバーとともに肌の表面に現れ、黒ずみの原因となるのです。
この状態が継続されると、メラニン色素は肌に定着してしまい色素沈着を起こします。

 

10代の頃は肌のターンオーバーも早く28日周期を目安に肌のターンオーバーが繰り返され、黒ずみも改善しやすいです。
しかし年齢ととともに肌のターンオーバーが行われるサイクルはゆっくりとなり、黒ずみの改善には時間がかかるようになっていきます。
さらにストレスや体調不良、睡眠不足やホルモンバランスの乱れが重なると、肌のターンオーバーのサイクルはさらに遅くなっていきます。
タバコやアルコールの摂取も肌のターンオーバーを左右する原因となるので、注意が必要です。

 

そのため黒ずみは発生する前に予防することが1番のポイントなのです。
しかしすでに黒ずみが起こってしまったという場合は、上記の黒ずみの原因を最大限に減らし、規則正しい生活を心がけて肌のターンオーバーを活性化させましょう。

 

また、通気性の良く肌に優しい綿100パーセントの下着を利用したり、黒ずみ改善に効果的な成分を含むクリームの利用も黒ずみ改善に効果的です。

 

vio脱毛のケア記事一覧

VIO脱毛をした後は、肌が乾燥して荒れやすくなっています。乾燥して水分が不足しているのは、肌にとってとても危険な状態。そのためしっかりと保湿することが大切です。なぜ乾燥するかというと、脱毛を行うときの光やレーザーが原因。照射された部分の水分量が非常に減ってしまいます。わかりやすくいうと、髪にドライヤーをかけると髪がだんだんパサパサになってしまいますよね。それと同じことが肌にも起こるのです。今回は脱...

デリケートゾーン専用の石鹸があることは知っていますか?存在を知らなかった。どんな効果があるのか分からない。・・そんな人も多いと思います。デリケートゾーンは身体の中でもとても敏感な部分だからこそ、かぶれやかゆみの悩みもつきもの・・ボディソープとは違うデリケート専用石鹸で優しく洗ってあげることが大切なんです。デリケート専用石鹸にどんな効果があるのかご紹介していきますね。デリケート専用石鹸が必要な理由女...

「VIO脱毛」したら色素沈着で黒ずみが気になってきた・・そんな経験者の声を見たり聞いたりすると、脱毛するのに抵抗が生まれてしまいますよね。そんなあなたに必見のVIOライン色素沈着への対処方法をお教えします。賢く美しいVIOラインを手に入れましょう!色素沈着の原因とは?下記にて色素沈着の原因をご紹介します。大きくは自己処理によりダメージ「VIO脱毛」後の摩擦やダメージ肌質や外部刺激といわれています。...