VIO脱毛をした後のケアはどうしたらいいの?


VIO脱毛をした後は、肌が乾燥して荒れやすくなっています。
乾燥して水分が不足しているのは、肌にとってとても危険な状態。

 

そのためしっかりと保湿することが大切です。
なぜ乾燥するかというと、脱毛を行うときの光やレーザーが原因。

 

照射された部分の水分量が非常に減ってしまいます。
わかりやすくいうと、髪にドライヤーをかけると髪がだんだんパサパサになってしまいますよね。

 

それと同じことが肌にも起こるのです。

 

今回は脱毛後の保湿のアフターケアについてご紹介します。

 

【目次】

VIO脱毛後に保湿クリームでケア

保湿クリーム
脱毛後は必ず保湿クリームを塗りましょう。
どの銘柄がいいかということを良く聞かれますが、普段から使っている保湿クリームがおすすめです。

 

なぜならデリケートゾーンなので特に敏感ですし、いつもとは違う保湿クリームを使った場合には、刺激になれていない肌が敏感に反応して、逆に荒れたりすることもあるのです。

 

とはいえ、おすすめのクリームはやはり低刺激、弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーの敏感肌用のもの
具体的にはキュレルやユースキン、口コミでも人気のアットベリー、ラヴージュ、ロコベースリペアミルク・クリームなどがいいでしょう。

 

もちろんここに挙げた以外にも低刺激のクリームはたくさんありますので、施術を行う前に自分に合ったクリームを事前に見つけておくことが大事です。

 

また、クリームに含まれている界面活性剤が気になるようなら白色ワセリンもおすすめです。

 

ワセリン

VIO脱毛後のケアのやりすぎも逆効果

施術後の肌が乾燥しているため、保湿をするのが大事と言っても、保湿しすぎはよくありません。

 

デリケートゾーンが蒸れてしまったら、逆にかゆみや湿疹の原因になってしまうので、適切に保湿しましょう。
お風呂上りなどにきちんと拭かないなどは逆効果です。

 

医療脱毛クリニックでVIO脱毛後に処方されるお薬の注意点

ドクター

医療脱毛を行った場合には、脱毛後に軟膏を処方されることがあります。

 

リンデロン-VGや、リンデロンのジェネリックであるデルモゾールGなどが多く処方されるようですが、ここで注意しなければいけないことがあります。

 

処方される軟膏は、保湿クリームではありません。

 

これは、脱毛後の炎症を抑える作用と抗菌作用があるものです。

 

一般的には毛嚢炎などの湿疹が出た場合に塗るものなので、保湿効果があると勘違いしてべたべた塗りすぎることなどないようにしましょう。

 

使用の場合は、お医者さんの指示に従ってください。

VIO脱毛後のケアのその他のポイント

保湿以外にもVIO脱毛した後には気を付けることがいくつかあります。

 

まず脱毛直後は肌を温めないことです。

 

ハードな運動をして汗をたくさんかいてしまったり、お風呂に長くつかるのもよくありません。

 

脱毛後のほてりや炎症が長引く可能性があるからです。

 

また脱毛後は毛抜きをしないほうがいいですね。
毛根が破壊されているので自然と毛は抜け落ちるのに、無理やり抜いてしまったら効果が半減してしまうかもしれません。

 

毛抜き

 

VIO脱毛後の保湿をしっかりすることによって、肌のキメも整っていき、肌の美白にもつながります。
しっかり保湿クリームを使いましょう。

 

VIO脱毛後保湿が重要な理由は?

VIO脱毛後の肌はダメージを受けたことによって熱を持ち、敏感な状態となっています。

 

肌はダメージを受けると、

  • 肌の角質層を厚くさせて肌を守る
  • メラニン色素を作り肌を守る(黒ずみの原因)
  • ムダ毛を濃くさせて肌を守る

ように働きます。

 

全て体が自然と肌を守るために働く体の仕組みですが、どれも美容面から考えると望ましくないですね。

 

せっかく脱毛してムダ毛のないキレイな肌を目指しているのに、肌がガサガサで黒ずんでいては台無しです。
これらの二次的な肌の反応を予防するために肌の保湿が大切なのです。

 

肌は保湿されることで守られ、自然と柔らかく白い状態となっていきます。
VIO脱毛後も肌を白くてキレイな状態に保ちたいのであれば、脱毛後のスキンケアは必須なのです。

 

VIO脱毛後は乳液、化粧水?日焼け止め?、クリームどのケアがいいの?

VIO脱毛後は、化粧水と乳液、またはクリームのミルフィーユ保湿がおすすめです。

 

もちろんクリームのみでもある程度は保湿することが可能ですが、顔の保湿と同じように肌の水分量を高めてから乳液またはクリームで蓋をしてあげるのが1番理想的でしょう。
それが面倒という人は、1本で全てをカバーできるオールインワンタイプの商品を使うのがおすすめです。

 

シャワー後水気を拭き取ったらその直後からどんどんと乾燥していくので、間髪を入れずにすぐにスキンケアに入ることが大切です。
体を拭いたら頭を乾かす前にスキンケアを完了させましょう。

 

シャワーの後は肌の水分量も整っているので、しっかりとスキンケアを行うことで肌がしっとりした状態をキープすることができます。

 

また、日焼け止めには美白成分が含まれているのではと思う人もいるかもしれませんが、日焼け止めの主な成分は紫外線の肌への侵入を防ぐ働きとなります。

 

紫外線はDNAを破壊したり、メラニン色素を活性化させてしまうのでもちろん防ぐ必要がありますが、デリケートゾーンは本来衣類でカバーされる部位なのでその必要がありません。
日焼け止めを利用しても肌が白くなるわけではないので、VIO脱毛後に日焼け止めを塗る必要はありませんね。

 

VIO脱毛後の保湿ケア商品10選

 

・アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

 

シトラスとローズの優しい香りでデリケートゾーンをケアすることができるアンボーテのフェミニーナウォッシュは、オーガニック承認のCOSMO基準もクリアしているデリケートゾーンのボディソープです。

 

花のエキスをぎゅっと濃縮して作られたフェミニーナウォッシュは、95パーセント以上の成分がオーガニック由来となっています。

 

価格は150mlで5,980円となっています。

 

・香りもよく気に入っていてリピート購入しています。
 黒ずみにも効果があり、デリケートゾーンのニオイ改善にも効果を実感しています。

 

・価格は少し高めですが、デリケートゾーンに刺激を感じることもなくボトルを最後まで使い切りました。
 黒ずみにも効果があるということで、今後も継続して購入する予定です。

 

ミュゼコスメ スムーストリートメントジェル

ミュゼコスメ スムーストリートメントジェル

 

脱毛サロンミュゼからプロデュースされている脱毛後ケア商品で、VIO脱毛後のケアにも適した商品と言えます。
脱毛後だけでなく、自己処理後の敏感な肌にもケア効果の高い商品です。

 

ミュゼオリジナルの成分「エピニーナ」が配合されていて、ゆずの香りとともに肌を明るくキメの整った状態にしてくれます。
価格は180mlで1,800円となっています。

 

・お風呂上りに続けて使用しています。
 ゆずの香りもリラックス出来て、肌もしっとりするのでおすすめです。

 

・ジェルクリームのようなテクスチャーで、肌のびもよくて使いやすいです。
 少しべたつく感じもありますが、しっかりと保湿されている感じがするのであまり気になりません。

 

LCラブコスメ プエラリア・ハーバル・ジェル

LCラブコスメ プエラリア・ハーバル・ジェル

 

全身に使用することができるLCラブコスメ のプエラリア・ハーバル・ジェルは、お風呂上りの肌をうるおいのヴェールで優しく包んでくれます。

 

脱毛後の敏感な肌でも配合成分のプエラリアミリフィカ根エキスが肌の水分量をキープし、若々しいハリのある肌を実現することができます。

 

価格は250mlで3,619円、1リットルで9,219円となっています。

 

・割安な1リットルのボトルをすでに5本以上繰り返し購入しています。
 大容量なのでケチケチすることなく利用することができ、シェービング後や入浴後に全身に使っています。

 

・プエラリア・ハーバル・ジェルを使い始めてからスキンケアの大切さを実感しています。
 肌が潤って、ムダ毛の生えるスピードも遅くなったように感じます。

 

・アットベリー

 

アットベリー

ファーストフレンズから発売されているアットベリーはプラセンタやヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分がすっと肌になじんで肌の調子を整えてくれます。

 

オールインワンジェルなので丁寧なスキンケアが苦手な人にも向いている商品で、医薬部外品かつ無添加なので安心して利用することができます。
価格は60mlで6,857円となっています。

 

 

・プルプルとした白っぽいジェルで、肌のびもよく全身に使っています。
 黒ずみやひざのブツブツが気になっていたのですが、少しずつ改善してきているのでこのまま様子をみていきます。

 

・アットベリーのジェルを塗ると肌がもちっっとして内側から保湿されている感じが分かります。
 入浴後に1回、朝に1回と1日2回利用することで、肌状態はより早く改善していきます。

 

ニベア プレミアム ボディミルク アドバンス

ニベア プレミアム ボディミルク アドバンス

青缶でも人気となったニベアから発売されている安定の保湿ケア商品です。
乾燥肌に適した高い保湿効果のあるミルクで、しっかりと保湿してくれるのにバタバタしないのが特徴です。
クリームは上質なカモミールとローズの香りで、1度利用すれば1日中しっかりと乾燥を防ぐことができます。
価格は200mlで500円前後となっています。

 

・結構しっかりとした重めのクリームですが、その分しっかりと保湿することができて塗布した後は保湿効果が長続きするので気に入っています。
 価格も安く手が届きやすいのもおすすめの理由の1つです。

 

・アトピー体質なのですが、乾燥するとアトピーの状態がひどくなるためボディミルク アドバンスを使い始めました。
 他の保湿クリームは塗ると刺激があってピリピリするのに、この商品は肌に馴染んで刺激も感じません。

 

・ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープ

ナチュラルプランツから発売されているLCラブコスメシリーズのジャウムハーバルソープは、本場インドネシアで手作りされた商品です。

 

日本人の肌質に合わせて改良も繰り返されていて、デリケートゾーンのニオイや黒ずみなどの悩みを解決してくれる口コミでも人気の高い商品です。
デリケートゾーンだけでなく全身に利用することも出来るので、ワキや足、デリケートゾーンなど幅広く活躍してくれます。

 

価格は68グラムで1,895円となっています。

 

・ホームページにも記載されている通り、泡立てネットを利用しても全然泡立ちません。
 しかしそれだけ成分にこだわって作られているのだとも思います。
 保湿効果も高く、使い始めてから肌ももちもちになってきました。

 

・小さめの石鹸ですが、水に溶けにくいのでうっかりお風呂場に置きっぱなしにしてしまってもあまり溶けていきません。
 デリケートゾーンのかゆみが改善してきたのが1番嬉しいポイントです。

 

・メンターム ワセリン

メンターム ワセリン

ワセリンはリップケアでも活用されるように、顔から足のつま先まで全身に利用することができます。

 

メンタームのワセリンは100パーセントピュア製法で精製されていて、赤ちゃんにも利用することができるくらい肌に優しいクリームです。
無香料でアルコール、パラベンフリーなので、男女ともに幅広く使うことができます。
価格は60mlで300円から400円前後となっています。

 

・このワセリンはチューブタイプになっているので衛生的に使うことができて、大容量なので全身に使っています。
 リップやハンドで分ける必要もなく1本でマルチに使えるところもお気に入りのポイントです。

 

・パッケージも可愛くて、価格も安い上、無香料で肌にも優しいロングセラー商品なので安心して使えるし重宝しています。
 お風呂場に置いておいて家族全員で使っています。

 

・ラヴージュ

ラヴージュ

デリケートゾーンに特化した商品で、黒ずみやニオイの改善に効果が期待出来ます。
希少価値の高いアルガンオイルや消臭効果のあるティーツリーの成分だけでなく、美容効果の高い成分も凝縮されているので悩みを解決してくれるけでなく、デリケートゾーンや脇など敏感な部分の肌を美肌に導いてくれます。
価格は60mlで4,980円となっています。

 

 

・オーガニック系のデリケートゾーンケア商品で、パッケージも可愛いので購入しました。
消臭効果に関してはまだ実感していませんが、持ち歩いていても女子力が上がりそうなのでいつもカバンに入れています。

 

・ワキガとすそわきがに悩んでこの商品を購入しました。
 オーガニック系の商品なので消臭効果はまずまずといったところですが、肌に優しいので安心して使えるというところがメリットだと思います。

 

・ヴィエル ホワイト
無添加、低刺激にこだわって作られたヴィエルのホワイトは、株式会社セプトから発売されている国産の商品です。
天然由来の美容成分11種類を肌に馴染みやすいように超低分子化して配合しているため、効率的にデリケートゾーンのかさつきや黒ずみに対して改善効果を発揮してくれます。
価格は30mlで5,970円となっています。

 

・いい香りがして肌への刺激もないため使いやすいです。
 テクスチャーも伸びがよく、1カ月継続して利用しています。
 保湿はされているように感じますが、黒ずみに対してはこれからの効果に期待しています。

 

・デリケートゾーンにも安全に使えるように、デリケートゾーンに特化した商品を購入しました。
 ワキとデリケートゾーンの両方に利用していて、黒ずみもわずかに薄くなってきたように感じます。

 

・パックスベビー ボディークリーム
肌に優しい石鹸成分を乳化させて作られた赤ちゃん用の保湿クリームです。
パルミトオレイン酸という赤ちゃんの皮脂に含まれる成分を配合し、マカダミアナッツオイルで肌の水分量をしっかりと保湿してくれます。
価格は600グラムで600円、150グラムで1,200円となっています。

 

・出産祝いのプレゼントとして頂き、それ以降気に入ってリピ買いしています。
 もちろん赤ちゃんにも利用することができるし、匂いもないので低刺激で肌もしっとりとします。

 

・口コミで高評価なので試しに購入してみました。
 こっくりとしたクリームですが効能も高く、顔も含めて全身に使えるので普通におすすめできる商品です。

 

VIO脱毛後はどんな処理方法が良い?

VIO脱毛後は化粧水と保湿クリームのミルフィーユ保湿がおすすめです。
まさに顔のスキンケアで行っていることと同じことになりますが、VIO脱毛後のデリケートゾーンも顔と同じくらい丁寧に扱ってあげるのが理想的です。

 

まずは水分量を奪わないように清潔を保つために、弱酸性で低刺激のデリケートゾーン用のソープで泡パックを行います。
このときも決してごしごしとこすらないように、丁寧に泡の上からおさえる程度の圧力で洗っていきます。
手が皮膚表面に当たらない程度の圧力だと考えると分かりやすいですね。

 

しっかりと泡を洗い流したら、優しいタオルで上からおさえるようにして水気を拭き取ります。
タオルで拭くときも、ゴシゴシとこすらずとにかく優しく扱うことが大切です。
タオルも清潔でふわふわのものを利用するようにしましょう。

 

シャワーの後はスキンケアです。
まずは化粧水をタッピングするように肌に浸透させていきます。
その上から美容液や保湿クリームを塗布するといいでしょう。

 

VIO脱毛後にしてはいけないこと(気を付ける事

保湿以外にもVIO脱毛した後には気を付けることがいくつかあります。

 

・脱毛直後は肌を温めないこと
脱毛は熱の作用を利用して毛根やその周辺組織にダメージを与えることで脱毛させます。
そのため脱毛後の肌は非常に熱に敏感な状態となっていて、熱刺激で肌の炎症を悪化させてしまう可能性があります。
そのため脱毛後は代謝の上がるような行為となるハードな運動をして汗をたくさんかいてしまったり、お風呂に長くつかるのもよくありません。
脱毛後のほてりや炎症が少しでも早く改善するように、脱毛後は少なくても数日はなるべく安静に過ごすようにしましょう。

 

・アルコールの摂取
また、意外と見落としがちなのがアルコールの摂取です。
アルコールは血流を促進させて、炎症を助長させてしまう効果があります。
脱毛後はアルコールの摂取も控えましょう。

 

・毛抜きをしない
脱毛後は毛根が破壊されているので、何もしなくても自然と毛は抜け落ちていきます。
チクチクと生えてくるムダ毛が気になって、ピンセットなどで抜いてしまうとそれが刺激となり脱毛効果が半減してしまいます。
脱毛後は少しもどかしく感じても、自然とムダ毛が抜け落ちるのを待って再び自然に生え変わってきてから脱毛に通うようにしましょう。

 

・刺激となる下着は早めに変更する
ポリエステル素材で作られているショーツや、サイズの小さすぎるショーツは肌への負担となってしまいます。
なるべく綿100パーセントで、サイズも自分のサイズに適したショーツを利用しましょう。

 

VIO脱毛後の保湿をしっかりすることによって、肌のキメも整っていき、肌の美白にもつながります。
しっかり保湿クリームを使いましょう。

 

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

 

vioランキングはこちら