ピルを服用していてもVIO脱毛はできる?

ピル服用中でもVIO脱毛できる?湘南美容外科、キレイモ、ミュゼは?


VIO脱毛をやってみたいけど、ピルを飲んでいると脱毛ができないという噂を聞いたことはありませんか?

 

それは都市伝説なのでしょうか。

 

でも実際に脱毛サロンでも、ピルの服用を理由に施術を断るところもあるようです。

 

今回の記事では、現在ピルを服用していて、脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うことを建都中の方に向けて、
・ピルを服用していても脱毛できるのか
・ピルでVIO脱毛を断られる理由
・ピル服用中の脱毛についてのサロン・クリニックごとの対応
などをまとめました。

 

【目次】

1ピルを服用していてもVIO脱毛はできる?
2.ピルを服用していると脱毛できないのはウソ?ホント?
3.ピルでVIO脱毛を断られる1つめの理由
4.ピルでVIO脱毛を断られる2つめの理由
5.ピルでVIO脱毛を断られる3つめの理由
6.ピルを飲んでいてもVIO脱毛はできる?
7.ピルを飲みながら脱毛するときに注意することは?
8.脱毛サロン・医療脱毛クリニックごとの対応
9.ピルとVIO脱毛のまとめ

ピルを服用していると脱毛できないのはウソ?ホント?

ピルを服用していると脱毛できないと言われることもあります。
しかし、本当にピルを服用しているとVIO脱毛はできないのでしょうか。
もしできないとしたら、それはなぜなのでしょうか?
ピルを飲んでいるとVIO脱毛できない理由って?

 

以下でピルとVIO脱毛について詳しく解説していきます。
最後まで読み進めてみてくださいね。

 

ピル

ピルでVIO脱毛を断られる理由はなに?

ピルを服用しているとVIO脱毛を断られる場合があります。
どうしてピルを飲んでいると脱毛ができないのか、その理由を三つまとめてみました。

ピルでVIO脱毛を断られる1つめの理由

まず1つめの理由として、ピルを飲んでいるときのホルモンバランスが関係しています。
ピルを飲んでいるときには、男性ホルモンの活動が低く抑えられた状態です。

 

男性ホルモンは体毛に強い関係があるホルモンなので、ピルを飲んで男性ホルモンの活動を抑えているときには普段の状態よりも、ムダ毛も生えにくくなります。
サロンの中では、この状態だと普段の毛の量などは判断できず、正しく脱毛が行えないと考えるところもあるようです。

ホルモンバランス

ピルでVIO脱毛を断られる2つめの理由

2つ目には、ピルの副作用として色素沈着がおこりやすいということがあります。

 

こちらもホルモンのバランスが関係していますが、ピルを服用しているときにはやはり多少お肌が敏感になっているもの。
そのため色素沈着が起きやすくなります。

 

ちなみに色素沈着が起きやすくなる確率としては、思ったよりも低くて、全体の0.1〜0.3%と言われています

 

参考記事:VIO脱毛と色素沈着の関係性

ピルでVIO脱毛を断られる3つめの理由

3つ目の理由として、サロン側はとにかくリスクを避けたいということがあります。

 

ピルの副作用は今ではだいぶわかっていますが、昔はもっと他にも副作用があるのでは?と思われていた時期がありました。

 

そのため何かあったら困るのでよくわからないものは断る、ということが業界の習慣になっているようです。

 

副作用

ピルを飲んでいてもVIO脱毛はできる?

ピルを飲んでいたとしてもVIO脱毛はできます。

 

ピル自体は続けて飲むことによって、ホルモンバランスを整えるものです。
体調も落ち着いてきます。

 

避妊のために飲むものは容量も少ないため、脱毛ができなくなるほどのものではありません。
したがって、そこまで心配する必要もないと思われます。

 

脱毛できないサロンもあるって本当?

ピルを服用していても、脱毛に大きな影響はありませんが、お店によっては脱毛を断られるところもあるようです。

 

その理由としては、お店側がトラブル時に責任を負いたくないからでしょう。
ピルを服用すると肌が敏感になるため、普段以上に肌に負担がかかりやすくなっています。
したがって、正常なときに脱毛するよりかは肌トラブルが生じる可能性が高くなります。

 

シミができたり、毛が濃くなったり、通常時ほどの効果が得られない可能性もあります。
そのようなことからトラブルが起きることを避けるために、個人経営のサロンなどでは断られることもあるようです。

 

アフターピルと脱毛について

避妊ができなかったときに緊急的に使用するアフターピル。
アフターピルを服用しての脱毛は問題ないのでしょうか。

 

アフターピルは病院で処方されるものです。
したがって、そのときに担当医師に相談してみると良いでしょう。

 

アフターピルもピルの一種なので脱毛に大きな影響があるとは限りませんが、ホルモンバランスが乱れることで肌が敏感になり、そこで脱毛もすると肌トラブルの原因になる可能性もあります。

 

安心して脱毛の施術を受けるために、事前に医師に相談しておくと良いでしょう。

 

ピルを飲みながら脱毛するときに注意することは?

ピルを飲むようになると、ホルモンバランスが変化します。
そのため飲み始めの時期は、安定せずに肌トラブルが起きやすくなります。

 

したがって、ピルを飲みながら脱毛をしていく場合には、注意しておくべきこともあります。
以下で注意点を確認しておきましょう。

 

日焼けに注意する

ピルを飲んだときや、妊娠したときは女性ホルモンが増えます。
特に、エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンが増えるのですが、これらの女性ホルモンが増えるとメラニン色素が増えやすくなります。

 

したがって、ピルを服用しているときは、シミや色素沈着ができやすい体質になるため、スキンケアが大切になのです。
肌が日焼けしていて色素沈着が起きていると、サロンなどで脱毛するときに断られることもあるため、普段から日焼け止めクリームを塗ったり、保湿ケアをしたりするようにしましょう。

 

※日焼けをしている場合でも脱毛できるサロンやクリニックも増えてきています。
 どうしても日焼けを避けられない場合は、はじめからそのようなお店を選んでおくと良いでしょう。

 

ピルを服用していることをカウンセリング時に伝える

ピルは避妊をするためだけではなく、たくさんの効果・効能があるため服用している女性はたくさんいます。
もちろん、ピルを服用しているからといって脱毛効果に大きな影響を及ぼすわけではありません。

 

しかし、サロンなどで脱毛するときには、始めに健康状態などを確認されることがありますが、その時にきちんと伝えておくようにしましょう。
万が一、肌トラブルが起きてしまったときに健康状態の確認で伝えていた内容と、その時に伝える内容が異なっていると、トラブルの原因になります。

 

カウンセリング時にしっかりと伝えましょう。

 

安定してから脱毛を始めるのがおすすめ!

ピルを服用しはじめたときはホルモンバランスが不安定になりやすいです。
肌が敏感になり、肌トラブルも起きやすい状態になります。

 

したがって、ピルを服用しながら脱毛をしようと思っている方は、体の状態が安定してから始めると安心です。

脱毛サロン・医療脱毛クリニックごとの対応

ピルを服用している方の施術については、サロンやクリニックごとに異なります。
それぞれ、どのような対応をしているのか、以下を参考にしてみてください。

店舗名 対応
ミュゼ 脱毛をしても良いか医師に確認する必要がある。
キレイモ 低用量のピルを服用しているということであれば脱毛可能。
恋肌(旧ラヴォーグ)

ピル服用中でも脱毛可能。
ただし、市販約の場合は服用から36時間空ける必要がある。
病院でもらった場合は医師の承諾書が必要になる。

湘南美容外科 ピルを服用していても脱毛できる。
ジェイエステ ピル服用中でも脱毛可能。ただ、ホルモンバランスが崩れいてる場合は効果が出にくくなるかもしれない。
銀座カラー ピルを服用していても脱毛可能。

低用量ピルなら問題なし。中用量以上の場合は、ホルモンバランスが変化しやすくなるため効果が期待できない可能性もある。

アリシアクリニック ピル服用中でも基本的には問題なし。

カウンセリング時にピル服用中の旨を伝えて、診断を受ける必要あり。
診断結果によっては脱毛を断られる可能性もある。

このように、ピルを服用しながらの脱毛をしようとしたときのサロン・クリニックの対応は異なります。
ほとんどのサロンやクリニックでは脱毛をしてもらえるようですが、医師の確認が必要なところも少なからずあるようです。

 

どちらにせよ、まずはサロンやクリニックの無料カウンセリングでピルを服用している旨を相談して脱毛ができるのどうか確認してみると良いでしょう。

 

もしもピルを服用していて、施術を断られた場合は、少し期間を空けて、体調が落ち着いてから脱毛に通うことを考えてみても良いと思います。

ピルとVIO脱毛のまとめ

大きな理由として以上3つのものがありますが、実際のところは、ピルを飲んでいてもVIO脱毛やほかの部位の脱毛にはあまり影響はありません。
でもやはり何かあったらと思うと心配で、というのが人の心理です。

 

もしそこまで心配な場合には脱毛サロンではなく、医療クリニックで脱毛することをおすすめします。

 

VIO脱毛はデリケートな部分なのでより気を付けるに越したことはありません。
医療クリニックで行う脱毛なら、万が一何かあったとしても、専門的な知識で対処してもらえるので安心ですよ。

 

看護師

 

自分で出来るケアとしては、もし色素沈着を起こしてしまったら、少し脱毛期間を延ばし、ビタミンCなどのサプリメントを飲むといいでしょう。
濃い色素沈着ならハイドロキノンをつかうのもおすすめです。

 

最後に
ピルは薬です。

 

どのような薬でも副作用は必ずあるものです。

 

ほしい効果だけを求めても必ずそれ以外の効果もでてしまうものと考えましょう。
とはいえピルは疑似ホルモンで、避妊のほかにも生理周期の調整や生理痛の軽減、子宮系の病気の治療など、女性にとっては有効な様々な利用目的があります。

 

もしピルを飲んでいてもVIO脱毛したいという人は、ピルOKの医療系クリニックを探してみと良いでしょう。

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

 

vioランキングはこちら