銀座カラーの分割払いを中途解約!解約金やクーリングオフ方法

 

脱毛を契約してみたものの「思っていたイメージと違った…」「急な引っ越しで…」など、さまざまな事情で脱毛に通えなくなってしまうというケースはよくあることです。

 

銀座カラーを解約したい場合、どのようにすればいいのかを調査しました。解約方法を事前に知っておけば、安心して利用できます!

 

銀座カラーを解約する方法は?

銀座カラーを解約する方法

銀座カラーには、万が一通えなくなっても、中途解約できる制度があります。銀座カラーの公式ホームページにも、解約返金保証について明記されているので安心です。

 

銀座カラーの解約方法は、電話での解約か、店頭での解約のどちらかが選べます。最も手軽でストレスも少ないのが、電話で解約する方法です。銀座カラーのコールセンターに電話1本で簡単に解約することができます。コールセンターに電話をかけて解約したいと伝えると、解約手続きの流れや返金額について説明してくれます。

 

銀座カラーコールセンター
電話番号0120-360-286
受付時間:(平日)12:00〜21:00、(土日祝)10:00〜19:00

 

電話での解約は、相手と直接顔を合わせずに済むことと、その場で手続きが終わるのがメリットです。特に理由がない限り、電話での解約をおすすめします。コールセンターに電話をする際は、契約書と併せて返金してもらう口座の通帳やキャッシュカードを用意しておきましょう。

 

店舗で解約する場合は、契約している店舗に足を運んで解約手続きを行います。電話での解約と同様に契約書と返金先の口座情報がわかるものと共に、身分証明書と印鑑が必要です。解約手続きだけであれば30分程度で終わりますが、契約書を紛失していた場合などは手続きに手間取る場合があります。もし契約書を紛失していたり、事前に何か疑問がある場合は、コールセンターに電話をしておくとスムーズに手続きが進みます。

 

銀座カラーの途中解約の条件は何?

銀座カラーで途中解約する場合、自分の好きなタイミングでいつでも解約することができます。途中解約の条件は特にありません。ただし、契約して8日以内の場合と、それ以降の場合では解約手続きの方法が異なります。脱毛はクーリングが可能なので、契約して8日以内の場合は、途中解約ではなくクーリングオフの手続きを行います。

 

銀座カラーのクーリングオフ方法について

銀座カラーのクーリングオフ

クーリングオフの手続きというと非常に難しそうに思えますが、書面を出すだけなので簡単です。ただし、クーリングオフには次のような利用条件があります。

 

クーリングオフするための条件は?

クーリングオフを利用するためには、以下の3つの条件を全て満たしている必要があります。

  1. 契約日から8日以内(8日目の消印有効)
  2. 1ヶ月以上の契約期間があること
  3. 総額5万円以上の契約であること

これらの条件を満たせばクーリングオフが可能です。特に、契約日から8日以内という条件は非常に短いため注意が必要です。

 

クーリングオフの手続きは、必ず書面で行います。書面はハガキで構いませんが、簡易書留を利用するのがおすすめです。簡易書留を利用することで、こちらが書面を送った日を明確にし、相手に確実に届くため、トラブルを防ぐことができます。クーリングオフの書面が完成したら、必ずハガキの両面コピーをとっておきましょう。
クーリングオフの書面には「契約解除通知書」というタイトルを必ず記載します。その後、契約年月日、商品名(コース名)、契約金額、販売会社(銀座カラー:契約した店舗店 担当者名)、契約を解除したいという意思を明記し、最後に発送年月日と自身の住所氏名を書きます。

 

また、銀座カラーの支払いをクレジットカードで行った場合は、クレジット会社にもクーリングオフの通知を送ります。内容は銀座カラーに宛てたものと同様ですが、販売会社のところを、クレジット会社の名前にします。

 

クーリングオフは契約日から8日以内であれば、既に施術を受けていても手続きすることができます。契約時に購入したローションなどがあれば、未使用であれば返品と返金を求めることが可能です。その場合は、クーリングオフの書面と共に商品を送り返します。ただし、脱毛の契約は継続し、化粧品類だけクーリングオフするという事はできません。

 

銀座カラーの解約手数料はいくらかかる?

銀座カラーの解約手数料

銀座カラーを解約する場合、違約金はかかりませんが解約手数料が発生します。銀座カラーの解約手数料は、
(残りの施術回数×1回あたりの金額)×10%です。ただし解約手数料の上限は法律で2万円までと定められているので、2万円以上の解約手数料はかかりません。

 

銀座カラーでは、解約申告日から3週間以内のスピード返金制度があります。途中解約の場合は、返金額からさらに解約手数料と振込手数料を引いた金額が、解約の申し出から3週間以内に指定口座に振り込まれます。

 

銀座カラーの解約よりも休会がおすすめ?

銀座カラーの休会制度

銀座カラーのホームページには、途中解約しても3週間以内にスピード返金がされる旨が記載されています。しかし、施術状況によっては解約すると損してしまう場合があるのです。そんな時は、休会も考えてみるといいでしょう。

 

銀座カラーを途中解約した場合の返金額は「契約金額―(1回あたりの金額×完了している施術回数)―解約手数料」で計算します。ただし、銀座カラーの1回あたりの料金算出方法は特殊です。

 

まず、7回以上のコースを解約する場合「短期中途解約」が適用され、1回あたりの料金は5万円になります。
また、1回あたりの金額を算出する場合、コースの回数は最大6回で計算します。つまり、10回コースで申し込んでいたとしても、6回施術を受けていた場合は、契約のコースが全て消化されたことになり、返金はありません。

 

このように、銀座カラーの途中解約に伴う返金は非常に複雑です。場合によっては返金額が非常に少ない上、解約手数料まで引かれてしまいます。
そのため、途中解約せずに最後まで脱毛を続けてしまう方がお得なケースがあるのです。

 

銀座カラーの休会制度は、手続き料金不要で期間も無制限です。
もちろん、休会期間の間は月額費用なども発生しません。妊娠や出産などで一時的に通えなくなっても、休会という選択肢があるので安心です。

 

休会手続きを行うには、コールセンターに電話すればOKです。

 

まとめ

銀座カラーは無条件でいつでも解約が可能です。コールセンターに電話するだけで解約でき、クーリングオフ制度も利用できるため、解約へのハードルは低いです。

 

ただし、途中解約の場合は返金額の計算が複雑なため、最後まで施術する方がお得な場合もあります。休会制度を活用するなど、損しない方法を慎重に選ぶのが大切です。