アンダーヘアの自己処理には電気シェーバーがおすすめ!

アンダーヘアを処理するとき、あなたはどんな方法で処理していますか?
まだ処理したことがない人、まさに今処理したいと思っていた人、これから脱毛する予定の人必見!

 

間違った処理方法で肌が荒れ汚くなってしまった・・なんて、取り返しのつかないことにならないよう肌に一番優しい処理方法、それが電気シェーバーです!

 

今回はアンダーヘアの電気シェーバーによる自己処理をご紹介します。

 

電気シェーバーのメリット

アンダーヘアの処理方法で一番おすすめなのが、「電気シェーバー」です。

 

昔から一般的にムダ毛処理で使用されるカミソリは、刃先が鋭くカミソリ負けで肌を傷付けたり、色素沈着が起きる危険性が高いですよね。

 

電気シェーバー

 

しかし、電気シェーバーは刃が肌に直接当たらないため肌荒れや色素沈着の危険性が低いんです!しかも電動なのでカミソリに比べて短時間で処理できるのもうれしいですよね。

 

さらに電気シェーバーの中でも顔用を使用すると、刃が小さく小回りがきくためアンダーヘアの毛の範囲を調節するのにピッタリですよ。

 

毛の範囲が広い人は、全身用の電気シェーバーと顔用の電気シェーバーの両方を使いこなしてみても良いですね!

 

注意点としては、電気シェーバーの刃を清潔に保つようにしてくださいね。
デリケートゾーンの肌はとても敏感です。汚い刃で肌を危険にさらすことのないよう充分に気をつけてください。

 

電気シェーバーのデメリット

デメリット

電気シェーバーには、メリットだけではなく、デメリットもあります。
どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

・チクチクする
一番のデメリットは、「チクチクが残る可能性がある」ということです。
電気シェーバーは、毛を根元から脱毛するものではありません。

 

そのため、少しだけ毛が残るのです。
数ミリ残った毛がチクチク感じさせるのです。
それによって、かゆみや不快感を感じることもあるかもしれません。

 

・剃りにくい部位もある
また、部位によっては剃りにくいところもあるのがデメリットです。
細かい部位や、毛が細い部分はきれいに剃ることができない場合もあります。

 

・お手入れが手間
電気シェーバーは、使用した後にシェーバー部分を洗ったりする必要があります。
そんなお手入れが手間になることもデメリットの一つと言えます。

 

電気シェーバーでアンダーヘアを処理する方法

実際に、電気シェーバーでアンダーヘアを処理するってどうすれば良いの?
最初は戸惑いますよね。

 

脱毛の予約日が迫ってるときは特に、いつどんな風に処理したら良いのか分からず焦る人も多いと思います。

 

焦らず、安全な方法でアンダーヘアの処理をしていきましょう♪

 

電気シェーバー

 

1. 毛が長い人は、小さなハサミを用意して毛をカットしましょう。刃先が丸いタイプだと肌を傷付ける危険が低いので安心ですよ。

 

2. アンダーヘアの範囲を決めて、その形に添って電気シェーバーを当てていきましょう。
毛の流れに逆らって剃ると肌荒れの原因になります!毛の向きに沿って処理してくださいね。

 

また、肌に優しい電気シェーバーだからといって強く押し当てたりせず、肌のしわが寄ってる箇所は肌を伸ばしながら肌にそっと添わせるようにして処理すると良いですよ♪

 

Iラインは、角度調節のできる手鏡などを床に立てて、その前に体育座りをして足を開きながら処理すると良いですよ!

 

Oラインは、手鏡などを床に寝かせて、その上にトイレ座りをしながら処理すると良いですよ!

 

3. アンダーヘアは肌が薄くデリケートな部分なので、電気シェーバーで優しく処理してあげた後は、さらに保湿ケアまで徹底していたわってあげてください。

 

脱毛女子

 

脱毛前にアンダーヘアの自己処理が必要な人

脱毛前に自己処理が必要な人は、電気シェーバーを当てた直後で敏感な肌にさらに脱毛機械を当てることになるので、施術当日は避けて前日もしくは前々日に処理をしてくださいね。

 

もし自分でアンダーヘアの処理ができない、自信が無いという人は、サロンやクリニックによっては有料でプロに処理をお願いすることもできるので検討してみると良いですよ!

 

電気シェーバー5選

 

・フェリエ
パナソニックから発売されているフェリエは、脱毛サロンからもおすすめされている小型の電気シェーバーです。
フェイス用やボディ用など様々なタイプが発売されていて、肌の凹凸や狭い範囲も丁寧にシェービングすることができます。

 

口コミでも評価の高い商品で、薄型の刃で産毛などの細かい毛から太い毛までしっかりと処理することができます。
デザインもシンプルで乾電池式となっており、重さも20グラムと計量なため化粧ポーチにも入れておけるサイズ感です。

 

価格は3,000円前後となっています。

 

・小型の割に値段が高めと思いましたが、敏感肌の私でも肌トラブル一切なくシェービング出来て価格以上の価値があると思います。
 他のシェーバーは使えないくらい愛用しています。

 

・口コミで人気が高いのでフェリエを購入しました。
 持ち運びにも便利なサイズで、顔だけでなく足や腕もキレイに処理することができます。

 

・ボディーグルーマー
フィリップスから発売されているボディグルーマーは、太くて硬い男性のムダ毛もしっかりと処理してくれるメンズ用の電気シェーバーです。
丸洗いできるデザインになっているだけでなく、充電式なので面倒な電池の交換も一切必要ありません。

 

毛の長さを調節できるコームがセットで発売されているので毛の長さを調節してシェービングしたい眉毛などの毛も均一に処理することができます。
価格は7,000円前後となっています。

 

・デザインもシンプルでとにかくムダ毛をそるのが楽です。
 シェーバーよりツルツルにはなりませんが、スイッチ入れるだけでカミソリより全然きれいに剃ることができます。

 

・本体の丸洗いが出来るので、お風呂で使えるのがとても便利です。
 少し重たさはありますが、剃ったムダ毛の後片付けもお風呂場ならシャワーで流して終わらせれます。

 

・シルク・エピレ・レディーシェーバー
ブラウンから発売されている女性向けのレディーシェーバーは全身のムダ毛に対応している電気シェーバーです。
フル充電していれば40分連続稼働できるのでしっかりと全身のシェービングが行えます。

 

本体ごと丸洗いすることも出来るので、背中やお尻などのムダ毛をお風呂場で処理することもできます。
ヘッドが上下に動いて肌の凹凸に対応してくれるのが特徴で、肌に優しくシェービングすることができます。

 

価格は1台4,000円前後となっています。

 

・カミソリよりも肌に優しく、出が届きにくい部位でもベッドが動いてくれるのでそり残しができにくいです。
 また、短い毛も深剃りできるのでチクチクしにくくて気に入っています。

 

・腕や脚だけでなくアンダーヘアの長さ調節もコームを使ってこのレディシェーバーで処理しています。
 コームを使えば半だーヘアも安全に処理できるのでおすすめです。

 

・Iラインシェーバー
ラブィアから発売されているIラインシェーバーは、アンダーヘアの処理に適した電気シェーバーです。
自己処理しにくいVIO部分でも、小回りの利く小さなヘッドがVIOの凹凸にフィットして丁寧に処理してくれます。

 

使いやすいグリップのデザインで、処理しにくい足の付け根のムダ毛もキレイに処理することができます。
一般的な電気シェーバーよりも敏感なデリケートゾーンのムダ毛を安全に処理できる構造で、刃のあるヘッド部分にも工夫がされていて、見えにくい部分も安全にムダ毛処理することができます。
価格は4,000円前後となっています。

 

・脱毛の前の自己処理にIラインシェーバーを利用しています。
 希望通りの商品でサイズも使いやすく、使用感もいいと思います。

 

・完全に根元からツルツルにするのは少し難しいですが、見た目的にもキレイになるレベルまで自己処理できます。
 完全にツルツルの状態を目指すのであれば脱毛するのがおすすめですが、私はこれで十分です。

 

・センシティブタッチ
ヴィートから発売されているセンシティブタッチは、眉毛やデリケートゾーンのムダ毛を処理するのに向いている電気シェーバーです。
顔用ヘッドが3タイプ、体用ヘッドが2タイプセットになっていて、用途に合わせてヘッドを交換して利用することができます。

 

小さいサイズの顔用ヘッドなら、顔だけではなくデリケートゾーンの細かい部位も丁寧に処理できるだけでなく、体用のヘッドに交換すれば脚などの広範囲のシェービングもスムーズに脱毛することができます。
持ち運びにも便利なサイズで、旅行に持ち歩くのにも丁度良いサイズになっています。
価格は2,000円から2,500円程度となっています。

 

・動作時の音が少しうるさいですが、ヘッドを取り換えることで多機能も働いてくれてシェービング機能には満足しています。
 ボディ用のヘッドも使っていますが、顔用のヘッドがしっかりと剃れて特に使いやすいです。

 

・本体を回してオンオフを切り替えるので、片手だけでは操作できません。
 根元までしっかり処理したいという人には物足りないかもしれませんが、大きなシェーバーを持ち運べないときにカバンに忍ばせておくといざというときも手軽にムダ毛処理出来て便利です。