VIO脱毛とは?形やおすすめ理由

ムダ毛処理で話題になるVIOラインとは?


現在、女子の間で大人気を呼んでいる「VIOライン脱毛」とは何なのかをご存知ですか?
聞いたことはあってもよく知らないという人が多いと思います。

 

 

簡単に説明すると、陰毛の脱毛のことです。

 

陰毛を脱毛することは絶対に必要なことなのでしょうか?
きっとそんな疑問が湧いてくると思います。

 

まず部位について丁寧に説明してみます。

 

VIO脱毛の説明

VIOのVはVラインのことでイコール、ビキニラインのことです。Iは股を開いたときの見える辺りで、Oは肛門の周りのことです。

 

【目次】

1ムダ毛処理で話題になるVIOラインとは?
2.VIO部位の脱毛はワキに続いて2番目に人気!
3.医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違い
4.VIO脱毛の形や範囲・量
5.Vラインの脱毛
6.Iラインの脱毛
7.Oラインの脱毛
8.VIO脱毛がおすすめな理由

VIO部位の脱毛はワキに続いて2番目に人気!

芸能人やアイドルは結構VIOラインを脱毛している人が多く、最近では一般の人もたくさんやっている人気の脱毛部位です。

 

1位 脇
2位 VIO
3位 ひざ下
4位 腕

 

というランキングだったりします。

 

 

自己処理は肌トラブルなどもあり無理であっても、脱毛サロンやクリニックに行けば簡単にできるので大丈夫です。
全く問題ありません。

 

ワキに部位も目につきやすい為、毎日処理しないといけませんが、VIOなどのデリケートゾーンも水着や異性との性行為に備えて処理を忘れてはいけません。
子供などが生まれると中々時間がなくなるために、施術したいという欲求は老若男女問わず高いといわれています。

 

参考記事:脱毛サロンとクリニックの違い

 

ビキニラインの形をデザインすることも出来る?

夏場のプールや海辺で水着になった時や男性と二人きりの時、水着や下着からムダ毛がはみ出ていたらみっともないし、恥ずかしいので若い女性だけでなく女子高生達もやっているほどです。

 

 

脱毛専門店で脱毛する際は、毛を減量したり全く毛のないツルツルすべすべ状態にしたり、Vの三角の部分を好きな形にしたりなど色々できます。

 

ビキニラインデザイン

 

例えば、Vの部分は整形して残しIラインとOラインはツルツルすべすべにするというような状態にすることも可能です。

 

脱毛するプラン内容により異なりますが、VラインプラスVの部分もOKのコース内容なら、Vの形を考慮しておいた方が良いです。
Vの形とは、トライアングルの部分のことです。

 

 

 

形ですが、人気があって定番なのが、やっぱり逆三角形やたまご型みたいです。
さらに複雑でさえなければ、自分の好きなデザインにすることもできます。

 

参考記事:アンダーヘアの形

 

ツルツルにしないでトライアングルの部分を残すのなら、定番の逆三角形やたまご型、長方形(I字)などがベストでしょう。その中から選らんでおけば、年をとっても恥ずかしくないと思いますので。

 

形は現在の状況を維持したまま、陰毛のみ減量するという選択肢もあるので、脱毛サロンのカウンセラーとよく相談してから決めると良いでしょう。

 

→トップページへもどる

 

VIO脱毛

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

VIO脱毛における脱毛サロンと医療クリニックとの違いは

 

  1. 痛み
  2. 永久性
  3. 期間

 

の3点です。

 

痛みは医療クリニックは大分痛みがあり、麻酔を使用する方もいますが、サロンであれば、耐えられる方が大半です。
もし痛みに弱い方は最初は出力パワーを下げてもらえば問題ありません。

 

永久性に関しては、医療脱毛は半永久的に施術が行われますが、脱毛サロンは数年すると生えてきます。
元に戻すリスクを考慮する方や料金が安い方が良い場合は脱毛サロンを利用しましょう。

 

期間はサロンの場合は8回前後かかるので、1年〜1年半かかります。
医療クリニックは5回ですので、1年程度で施術が完了するでしょう。

医療クリニック

VIO脱毛の形や範囲・量

女性にとってケア方法に悩むのがデリケートなVIO脱毛です。

 

他の部分の脱毛が、残さずキレイに脱毛するのに対して、VIO脱毛は、全てをなくすか1部分残して脱毛するのかなど選択しなければいけません。
今でこそVIOをケアすることは一般的になってきましたが、全てなくしてしまっても良いのかなど悩む方は多いと思います。

 

サロン脱毛は、基本的には、一度施術をすると次から生えてくる毛がポロポロと落ちるようになります。

 

デリケートゾーン形

 

数回脱毛を行えば、以前と同じように生えてくることはありません。
毛が太ければ太いほど、効果を感じれるので、VIO脱毛は最初のカウンセリングが大切です。

Vラインの脱毛

Vラインをどんなふうに残すのか、残さず全て脱毛してしまうのか、最初にしっかり相談してから施術をするようにしましょう。
Vライン
自分はよくても、パートナーなどから嫌だと言われてしまっても元に戻すことはできません。

 

相手の年代によっても、女性のデリケートな部分に対する考えかたや抵抗は変わってきます。

 

脱毛サロンでは無料カウンセリングで話だけ聞くこともできます。
様々なお客さんを見ているサロンスタッフの方に相談するのが一番良いかと思います。

 

施術回数や機器の種類によっては、毛を細くするくらいで抑えることもできますので、自分に合ったVIO脱毛の方法を探して見ましょう。

 

参考:親身に相談に乗ってくれるサロンランキング

Iラインの脱毛

Iライン

IラインとはVラインのさらに下、一番デリケートな部分の脱毛を指します。

 

自分で処理をするのも難しい場所なので、ブラジリアンワックスなどで脱毛した経験のある人でないと、Iラインの毛がない状態がどう見えるのかはなかなかわかりづらいでしょう。

 

Iラインを全て脱毛するか残すかは、Vラインとのバランスが大切です。
Vラインをしっかり残しているのか、面積を小さく、さらに毛も薄くしているのか、それとも全てないハイジニーナにしているのかなどなど。

 

 

例えばVラインをある程度残して脱毛している場合、Iラインだけ全て脱毛してしまうと、一番大切なところは毛がないのに、その他の場所には生えていて何だか不自然な感じがするかもしれません。
もともと毛は身体を守るために生えていると言われています。

 

ですので、その自然に反した仕上がりだと、やはり意識的に不自然だと思う人が多いです。

 

Vラインを残すようであれば、Iラインもそれに自然に繋がるように残していくと良いでしょう。
自然な範囲できれいに整っている印象になります。

 

逆に、Vラインを全て脱毛したハイジニーナにする場合は、Iラインを残すか残さないか2パターンどちらも選択肢としてはあります。
Iラインもハイジニーナにすると、全てツルツルの状態で他の部分の肌と変わらない状態になります。

 

清潔感もあり、特に生理中などは本当に楽です。
海外ではこのVもIも全てツルツルの状態にすることは珍しくありません。

 

しかし、Iラインをハイジニーナにすると、正面からもデリケートゾーンの割れ目が見えるので、少し恥ずかしいと感じる人もいると思います。
その場合は毛を薄くして少し残るような方法で脱毛をすれば、キレイに処理された清潔感のある印象もあり、大切な部分は隠れていて女性らしい印象になります。

Oラインの脱毛

Oライン
Oラインとは、肛門回りの脱毛です。

 

人にもよりますが、意外とムダ毛が生えている箇所にはなります。
Oラインの場合は、形などはありません。脱毛するかしないかどちらかになります。

 

デリケートゾーンの脱毛は、大抵VIO脱毛と呼ばれ、3箇所セットの施術になっていることがほとんどです。
ですので、VIO脱毛を受けるのであればOラインはキレイに脱毛してしまいましょう。

 

やはり清潔感があり、1度通ってある程度毛がない状態になれば、もう気にする必要がないのでとても楽です。

 

Oラインに不安がある人(例えば痔など)は、必ずカウンセリングで相談しましょう。
恥ずかしいと思うかもしれませんが、脱毛サロンのスタッフは、これまで多くの人のケアをしています。色々なケースを見ているので、恥ずかしがる必要はありません。

 

ケースに合わせてできるできない、またはできる範囲で施術をしてくれます。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛には、デメリットとして2つ挙げられます。

  1. 他の部位と比べると痛みが強い
  2. 男性によってはツルツルにすると引かれる

脱毛で心配になるものの一つが施術時の痛みです。
デリケートゾーンは肌が薄く、毛が太いため、痛みを感じやすいのです。

 

また、日本ではツルツルにするとパートナーによっては嫌がることもあるかもしれません。
もちろん、パイパンの方が好きな男性もいるため、事前にさらっと聞いておくと安心です。

 

加えて、VIOに限らず、脱毛をするには時間とお金がかかることも覚えておきましょう。

 

参考:VIO脱毛のデメリット

 

VIO脱毛がおすすめな理由

昔は自分でシェービングをして処理をするのが当たり前でしたが、ここ10数年でムダ毛の処理方法はかなり変わってきています。

 

脱毛サロンに通っていることは少数ではなくなり、むしろ当たり前になってきています。
そしてここ数年でさらに変わり、脇や手足などの見える部分だけでなく、VIOも脱毛をすることが定着してきたように思います。

 

これはアメリカやヨーロッパなどの海外の人たちがVIOをきちんと処理しているということで日本でも徐々に浸透してきました。

 

アメリカやヨーロッパでは、全てを脱毛するハイジニーナにする人が多く、女性だけでなく男性もハイジニーナの処理をしているケースもあります。
海外で活躍する日本人のスポーツ選手が、ロッカーで裸になった時、海外の選手に「なんで処理してないんだ?」と驚かれたなんて話もあります。

 

生理時の不快感が無くなり、肌を清潔に保つことができる!

女性にとって月1回訪れる生理時は、ナプキンの着用でアンダーヘアが密集するVIOラインが蒸れたりかぶれたりしますよね。
「VIO脱毛」でアンダーヘアが無くなることで、これらの不快な症状が軽減し清潔な状態を保つことができます♪

 

参考記事:VIO脱毛のメリット

 

「VIO脱毛」を公言する有名人が増えた!

海外モデルや女優をはじめ、日本国内の芸能人も「VIO脱毛」を公言するようになり、女性にとって「VIO脱毛」がより身近に感じられるようになりました。

 

いまどきVIOがボーボーなんて時代遅れ・・そんな風潮さえあります!

 

VIOがキレイだと余裕が生まれます♪

VIOってあまり露出しないところだし、脱毛しても意味が無いんじゃない?そんな考えはもう古いですよ!

 

今やファッションの多様化でオシャレな下着が溢れていますよね♪

 

水着女性

 

アンダーヘアぎりぎりラインだったり、透け感のある素材だったり、Tバックだったり・・
デザインはすごく可愛いけど露出が多めで着用するのに抵抗を感じてしまうようなショーツも「VIO脱毛」をしていれば自信をもって着用することができます。

 

水着だってどんなデザインも着用することができます!

 

自信があるからこそ、気持ちに余裕が生まれるんです♪

 

VIO脱毛するのは痛くない?

痛いの?

「VIO脱毛といえば、耐えられないほどの痛みに襲われるって聞くよね?!」

 

そんな風に感じてる人はたくさんいるはずです。
けれど、それは古い考え。
今は技術の進歩で耐えられないほどの痛みを感じることはあまりありません。

 

もちろんデリケートゾーンだけに脱毛をする部位の中でも施術の痛みが強いほうには入ります。
なぜなら毛質が太くて硬いため、レーザー照射時の痛みが強くなるのです。

 

ただし、一昔前に比べれば痛みを緩和してくれる技術が進歩してるので痛みを感じにくいのです。
実際にやってみると確かにちょっと刺激はあるけど、思ったよりも大丈夫!という人が大半です。

 

そしてどうしても痛みが不安な人は、痛みが弱く肌にも優しい脱毛サロンの光脱毛や医療脱毛の麻酔使用などを検討してみると良いですよ。

 

 

脱毛機

 

また、脱毛中にムダ毛が生えてくる際のチクチクやかゆみが気になる人も多いようです。
デリケートゾーンなのでレーザーや光を当てた際に肌のコンディションが悪ければかゆみにつながります。

 

そして基本的にVIO脱毛は生理中には受けられません。

 

そもそも生理中はより肌が敏感になっているので、避けたほうがいいでしょう。

 

男性からみても「VIO脱毛」が常識になりつつある!

世の女性に「VIO脱毛」が浸透していきているということは、つまり世の男性にも「VIO脱毛」が常識として認識されてきています!

 

いざというとき、アンダーヘアがボサボサだったら・・落胆してしまう男性も少なくありません。

 

さらに今ではアンダーヘアの形を整えて脱毛することも常識で、逆三角形型、スクエア型、オーバル(卵)型、Uライン型、Iライン型、ハイジーナ型、ハート型、スター型など好みに合わせて整える女性が増えてきているんです♪

 

日本と海外のギャップ

海外

日本でもハイジニーナにすることは徐々に浸透してきましたが、世代によっては未だに抵抗や違和感がある人も多くいます。
特に、男性は脱毛自体にあまり興味がない人が多いと思うので、パートナーがVIOを脱毛してびっくりなんてこともあります。

 

 

脱毛サロンでVIO脱毛をする時は、自分のパートナーの意見を聞いたり、またパートナーが変わる可能性のある人は、一般的な意見も知った上でどうするか決めるようにすることをおすすめします。

 

ムダ毛がないのが当たり前の脇や手足と違い、VIOラインの脱毛は世代による意識の差はあるので、自分がどう見られるかというのは考えた方が良いでしょう。

 

もちろん脱毛方法は、様々あります。
範囲を限りなく小さくはするけれども、毛を残す方法や、範囲は自然に残しつつ、毛自体を細くしていくなどがあります。

 

少し前までは、下着からはみ出ない程度の自然な範囲で、毛を細くするという人が多かったようです。

 

VIO脱毛におすすめの脱毛サロンをご紹介

VIOを含む全身脱毛にはキレイモ

キレイモ

全身脱毛のサロンとして高い人気を誇るキレイモ。
他のサロンでは含まれないことが多い顔、VIOを含む全身脱毛ができるため、全身キレイにしたい女性から支持されています。

 

Vラインの形も好みの形に整えられるので、ツルツルにはしたくないという方にもおすすめです。
痛みの少ない脱毛器で冷たいジェルも使用しない脱毛方法で、安心して施術を受けることができます。

 

VIOだけならミュゼが安い

ミュゼ

VIOのパーツのみの脱毛であればミュゼがおすすめです。
1回、4回、6回から好きな回数を自由に選ぶことができます。

 

両わき+Vライン通い放題が100円のキャンペーン中で、その他4ヶ所自由に選択しても初回150円なのでとてもお得になっています。

 

VIOの医療脱毛はアリシアクリニック

アリシアクリニック

医療脱毛でも痛みが少ないクリニックがアリシアクリニックです。
医療レーザーの中でも料金が安く、月額3,000円からVIO脱毛ができます。

 

痛みの少ない脱毛器「ライトシェアデュエット」を採用。
安心してVIO脱毛ができます。

 

 

まずはカウンセリングに行ってみましょう

どのサロン・クリニックに行くかを事前に決めても実際にカウンセリングに行ってみたら、他のお店の方がよさそうという場合もあります。

 

まずはカウンセリングに行ってみて、

  • お店の雰囲気
  • スタッフの対応
  • 店舗へのアクセス

などを確認してみましょう。

 

もしその場で契約をする際に、もし気に入らなかった場合は、「他のサロンやクリニックも見てから決めます。」と伝えれば大丈夫です。

まとめ

今はさらにハイジニーナにする人が増えてはいますが、それは個人の好みやパートナーの意見で決めるのが一番です。
そして最も色々なVIOの脱毛方法を知っているのは、働いているエステサロンのスタッフです。

 

不安な人や色々知りたいという人には、無料カウンセリングを行っているサロンもあります。
VラインとIラインの残し方の組み合わせや、毛の太さを細くする方法など、色々なパターンや意見を聞いてみるのも良いでしょう。

 

そして、自分やパートナーに合った脱毛方法を見つけたら、実際に脱毛を始めてみましょう。

 

→トップページへもどる

 

その他のVIOの基礎情報はこちら
VIO脱毛とは

 

VIO脱毛をサロンでやる理由

 

VIO脱毛のメリット

 

VIO脱毛をする危険性

 

脱毛の仕組み

 

VIO脱毛の施術の流れ

 

VIO脱毛の効果と回数

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

 

 

VIO脱毛とは?形やおすすめ理由記事一覧

VIO脱毛サロンの選び方!安い・痛くない・医療の永久性で選ぶ?

VIO脱毛サロンのお店の選び方はどのようにするのがいいのでしょうか。ランキングを参照いただくと、VIO脱毛を行っているところだけでもたくさんの脱毛サロンがあることがわかります。やはり自分でムダ毛の処理をするとなると本当に頻繁にやらなければならないので、時間も労力もかかりおまけに毛もどんどん太くなって...

≫続きを読む

VIO脱毛のメリット・デメリット!知っておくべきリスクや危険性

脇毛を処理するのと同じような感覚で、脱毛の人気部位2位のVIOの脱毛ですが、そのメリットには何があるでしょうか?生理中のおりものが多い人や、かゆみに悩まされている人は、脱毛することでかゆみがなくなったなど、悩み解消に繋がるかもしれません。その他にも自己処理が不要になったりなど沢山のメリットがありそう...

≫続きを読む

VIO脱毛のデメリットやリスクは?痛みや料金、恥ずかしい

アンダーヘアをVIO脱毛するメリットは、肌トラブル解消自己処理不要ニオイの解消などが代表的ですが、ではデメリットはあるのでしょうか?下記にてVIO脱毛のデメリットをご紹介します。【目次】1VIO脱毛のデメリット2.痛みが激しい3.料金が高い4.恰好や姿勢が恥ずかしい5.VIO脱毛には期間がかかる痛み...

≫続きを読む

VIO脱毛をする危険性!体に悪い?光脱毛の副作用は?リスクを紹介!

VIO脱毛の危険性については、場所が場所だけに人に気軽に聞けませんよね。そもそも脱毛サロンのメリットは肌トラブルや自己処理の不要ですが、危険性などあるのでしょうか?危険性を知らずに施術してしまうのは後悔の元です!下記ではVIO脱毛で起こりうる危険性をご紹介します。VIO脱毛で起こりうる危険性とは?V...

≫続きを読む

VIO脱毛をサロンでやる理由

VIOラインをサロンで脱毛するのには様々な理由があります。例えば、水着や面積の小さい下着をつけたときも心配がない彼のためのキレイにしたい自己処理が面倒なので脱毛してしまいたいなどなど。VIO脱毛は、海外では当たり前のようにされていて、ここ数年で日本でもかなり浸透してきました。デリケートな部分も、ワキ...

≫続きを読む

脱毛の仕組み!ニードル・フラッシュ・医療レーザー脱毛!

脱毛サロンが有名になってきましたが、10年前まではニードル脱毛という脱毛手法が有名でした。いわゆるミュゼや銀座カラーの脱毛手法は最近人気のフラッシュ脱毛と呼ばれています。そして医療クリニックは医療レーザー脱毛です。それでは今回は下記の脱毛手法の仕組みについてご紹介します。【目次】1VIO脱毛の仕組み...

≫続きを読む

vio脱毛の痛み!医療脱毛痛すぎ?回数を重ねると痛くない?

VIO脱毛は痛いとよくいわれています。それにより脱毛サロンや医療クリニックでのVIO脱毛を避けている方もいる位です。下記では脱毛部位による痛みの違い痛みの理由医療クリニックと脱毛サロンの痛みの違いについてご紹介します。【目次】1.VIO脱毛の痛みについて2.脱毛部位による痛みの違い3.痛みの理由は、...

≫続きを読む

VIO脱毛で形はどうする?男ウケするデザインとは

なかなか周囲の人に聞きづらいVIO脱毛。後悔しないようにVIOを脱毛するためにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは、VIO脱毛の人気の形を中心に解説していきたいと思います。【目次】1VIO脱毛で形はどうする?男ウケするデザインとは2.VIO脱毛で人気の形・デザインをご紹介3.VIO脱毛の形ランキン...

≫続きを読む

VIOの脱毛範囲!回数やデザイン・形も徹底解説!

VIO脱毛は、脱毛範囲の中でも密かな人気部位です。しかし、デリケートな部分だけに不安も大きいもの。人にはちょっと聞きづらいVIO脱毛の範囲や、おすすめの脱毛方法についてまとめました。VIOラインってそれぞれどこなの?VIO脱毛は、Vライン、Iライン、Oラインの下半身のアンダーヘアの脱毛のことです。V...

≫続きを読む

VIO脱毛が最短で終わるまでの期間は?医療脱毛で早く完了できる?

VIO脱毛は、人気の高い脱毛部位です。いつかVIO脱毛にチャレンジしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。これからVIO脱毛をするにあたって、最短で脱毛効果が得られるにはどれくらいかかるのかなど、VIO脱毛の効果や期間について調べました。VIO脱毛の効果は?完了までの脱毛回数は?VIOラ...

≫続きを読む