VIO脱毛のデメリット・リスク

VIO脱毛のデメリット


アンダーヘアをVIO脱毛するメリットは、

  • 肌トラブル解消
  • 自己処理不要
  • ニオイの解消

などが代表的ですが、ではデメリットはあるのでしょうか?

 

下記にてVIO脱毛のデメリットをご紹介します。

 

【目次】

1VIO脱毛のデメリット
2.痛みが激しい
3.料金が高い
4.恰好や姿勢が恥ずかしい
5.VIO脱毛には期間がかかる

痛みが激しい

VIO脱毛の一番のリスクといえば、痛みでしょう。
足や腕よりもVIO脱毛は皮膚が薄い上に弾力性がないため痛いといわれています。

 

この痛みはゴムでパチンと叩かれる程度なのですが、それでも人により個人差があり、痛みに耐えられない人もいるといわれています。
特段、医療クリニックは痛みが激しいといわれており麻酔する方もいます。

料金が高い

VIO脱毛の料金相場は4〜6回で70000〜90,000円といわれていますが、実際効果を見込むには8回は必要といわれており、
そうなると倍程度の料金がかかるといわれています。

 

この料金は女性にとっては高いですよね?
自己処理でカミソリなら1000円以下で出来ますので、料金が高いという方もいます。

 

料金脱毛

恰好や姿勢が恥ずかしい

デリケートゾーンを見せることなんて異性以外にはないのでしょうか?
そんな異性にも暗がりにしか見せないと思います。

 

だがVIO脱毛となると、自身のVIO部位を思いっきり脱毛サロンのエステティシャンに見せることになります。
これらの姿勢や恰好が恥ずかしいという方はいるようです。

 

脱毛恥ずかしい

 

VIO脱毛をパートナーにどう思われるか不安

パートナーにどう思われるかを考える方もいます。
今のパートナーがVIOの毛がない方が好きと言ったからと言って、全員がそうとは限りません。

 

加えて施術中はやはり赤みを帯びていたりもするのでそれが恥ずかしいという方もいます。

 

VIO脱毛には期間がかかる、早めに検討を!

他の部分の脱毛でもそうですが、全く毛のない状態にするのにはある程度の時間がかかります。

 

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛など、脱毛サロンで一般的に使われるものは、黒色に反応してムダ毛を除去します。
毛が太ければ太いほど、効果は出やすいので、アンダーヘアの脱毛は、数回で効果は実感しやすいでしょう。

 

ただ、色素沈着や、粘膜への照射ができないことから、Iラインのデリケートゾーン全てを照射できなかったり、できたとしても出力の弱い照射で注意しながら行うことで、回数が必要になります。
もともと毛が濃い場所なので、薄くなっただけでもかなりの効果は実感できると思います。

 

VIO脱毛の期間と効果

 

また、脱毛で全ての毛を処理しなくても、Iラインだけ定期的にブラジリアンワックスをするなどの方法もあります。
自分が最終どこまでの仕上げに満足するか、経過を見ながら考えてみても良いでしょう。