VIO脱毛が最短で終わるまでの期間は?医療脱毛で早く完了できる?

VIO脱毛は、人気の高い脱毛部位です。
いつかVIO脱毛にチャレンジしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

これからVIO脱毛をするにあたって、最短で脱毛効果が得られるにはどれくらいかかるのかなど、VIO脱毛の効果や期間について調べました。

 

VIO脱毛の効果は?完了までの脱毛回数は?

VIO脱毛の効果までの回数や期間

VIOラインのムダ毛は、他の部位に比べて濃い上、毛周期が長いのが特徴です。このことから脱毛の効果が出て、完全に脱毛が終わるまでの回数は他の部位よりどうしても長くなってしまいます。

 

また、脱毛効果はサロンの光脱毛と、クリニックの医療脱毛でも違います。光脱毛は痛みが少なく、肌に優しい分、光の出力は弱めです。医療脱毛は光の出力が高く痛みを感じやすいですが、脱毛の効果が出るまでは短いです。

 

VIO脱毛の効果に必要な回数

光脱毛の場合、VIO脱毛の効果が出るまでは4回から6回程度の施術が必要です。

 

それに対して、医療脱毛の場合は3、4回目で効果を感じ始めるのが一般的です。光脱毛の初回施術で効果を感じる方は少ないですが、医療脱毛は初回から効果を感じるという方もいます。

 

VIO脱毛完了に必要な脱毛回数

VIO脱毛完了の目安をどのラインにするかで完了までの回数は変わります。

 

アンダーヘアを残し、毛量を減らした自然な仕上がりにする場合、光脱毛は12回程度、医療脱毛は5、6回が目安です。期間にしてそれぞれ光脱毛が2年ほど、医療脱毛が1年ほどと、光脱毛の方が2倍期間もかかります。

 

VIOラインを完全に無毛にする場合、光脱毛は18回程度、医療脱毛は10回程度の施術が必要です。期間にしておよそ3年と1年半なので、かなりの差が生まれます。自分がVIOラインをどの程度整えるか、脱毛を始める前にゴールを設定しておきましょう。

 

VIO脱毛を医療脱毛でやった場合、効果までの回数は?

医療脱毛でVIO 脱毛を行う場合、
・ツルツルにしたいなら:10回程度
・毛量を減らしたいなら:7回程度
・生えている範囲を狭くしたいなら:8回程度
が平均的な回数となります。

 

脱毛に必要な回数は、

  • 体質
  • 毛深さ
  • 肌状態
  • 体調
  • 生理周期

などによっても個人差が大きいです。

 

脱毛回数が決められないという人は無料カウンセリングで実際にムダ毛や肌をチェックしてもらい、理想的な回数を決めていくといいでしょう。

 

痛みは?

VIO脱毛を医療脱毛で行うと、

 

・かなり痛い!
・痛みに耐えきれなくて、途中で出力を下げてもらいました。
・初めての医療脱毛で、腕や脚は大丈夫だけどVIOが痛くてびっくりしました。

 

などの意見が多いです。
医療脱毛では麻酔の使用も出来ることが多いです。

 

通っているまたは通う予定のクリニックが、
・麻酔を使用できるか
・どの麻酔を使用できるか

 

なども確認しておきましょう。

 

ちなみに麻酔の種類は、
・笑気麻酔
・麻酔クリーム
の2種類が一般的です。

 

笑気麻酔はガスを吸引して、脱毛のストレスを緩和する方法です。
笑気麻酔は吸引とともに陶酔感を感じ、高い鎮痛効果を発揮します。

 

一方麻酔クリームは、皮膚に塗布して感覚を麻痺させて痛みを和らげる方法です。
クリニックで塗布する場合もあれば、施術の数時間前から自分で塗布する必要がある場合もあるので使い方は医師からしっかりと説明を受けましょう。

 

麻酔は人によっても向き、不向きがあるので、痛みが心配な人は事前のチェックをおすすめします。

 

3.メリット・デメリットは?
※複数論点にて説明してください
●●●
説明

 

VIO脱毛のメリット
・パートナーに喜ばれる
VIO脱毛中はなるべく自己処理をしない方が理想的なので、自己処理の回数を少なくしようと思うと中途半端にムダ毛が生えて少しみすぼらしい感じになってしまいます。
VIO脱毛中はその生えかけの状態が処理していないとき以上に恥ずかしいと感じる女性もいるくらいです。
しかしVIO脱毛が最短で終われば、中途半端な生えかけの状態でパートナーと接する機会も少なく、早くキレイになればその分パートナーにも喜んでもらえます。
男性はVIO脱毛でキレイに整えてある状態を好む傾向にあるので、VIO脱毛を悩んでいる人はなるべく早くスムーズに脱毛を完了させておきましょう。

 

・ムダ毛で悩む期間が短くてすむ
VIOの毛が生えていると、デリケートゾーンのムレやかゆみや、パートナーからの視線が気になるなどの心配事がやみません。
しかしVIO脱毛が最短期間で完了すれば、ムダ毛と一緒についてくる悩みも一緒に解決することができます。
ムダ毛はストレスの原因にもなるので、ストレスから少しでも早く解放されると思えば、最短で脱毛を完了させることでたくさんのメリットがついてきます。
ストレスから解放されることで、美肌やダイエットなどの美容効果も高まります。

 

・好きな下着や水着を選ぶことができる
VIOのムダ毛は生えっぱなしの状態にしているとカバーできる範囲からはみ出たりしてお洒落なデザインのショーツや水着を選びにくくなります。
可愛いデザインのものに限って少し小さめのカバー率になっていることが多いです。
ムダ毛を気にしてお気に入りのショーツや水着が選べないのは残念ですよね。
VIO脱毛を早く完了させることで、大胆でセクシーなデザインも可愛く着こなすことができます。

 

VIO脱毛のデメリット
・一度脱毛したら基本的には生えてこなくなる
VIO脱毛をしてキレイな状態にしたけどやっぱり毛があった方がいいと思っても、1度脱毛したら基本的に二度と毛は生えてこない状態になります。
特にクリニックで医療脱毛を行うと、脱毛効果が高く1回ごとの施術で毛量が減っていきます。
医療脱毛を選択する場合は、よりあらかじめしっかりとデザインを決めておくことが大切です。

 

 

V・I・Oそれぞれの部位の効果までの期間は?

VIO脱毛を行う場合、脱毛サロンで脱毛するのと医療脱毛で脱毛するのでは、脱毛効果が得られるスピードに違いがあります。

 

脱毛回数でサロン脱毛と医療脱毛を比較してみると、
・サロン脱毛
Vライン:10から14回程度
Iライン:15回から17回程度
Oライン:14回から16回程度

 

・医療脱毛
Vライン:6から8回程度
Iライン:8から10回程度
Oライン:8から10回程度
となります。

 

また、脱毛期間でサロン脱毛と医療脱毛を比較してみると、
・サロン脱毛
Vライン:2から3年程度
Iライン:3年程度
Oライン:3年程度

 

・医療脱毛
Vライン:1年半から2年程度
Iライン:2年程度
Oライン:2年程度
となります。

 

このように一般的には1から2年程度で完成すると言われているVIO脱毛ですが、サロン脱毛と医療脱毛で比較してみると医療脱毛の方が早く脱毛が完成するのが分かります。

 

VIO脱毛は他の部位と比較しても毛が太く毛周期がゆっくりなため、長期的な脱毛プランが必要になります。
全身脱毛を行っていても、VIO脱毛だけ遅れていってしまうということはしばしば起こります。
他の体の部位の脱毛をサロン脱毛で行っても、VIOの脱毛は医療脱毛の方がスムーズに進んで行きます。

 

VIOの脱毛頻度はどれくらい?

サロンやクリニックでの脱毛は、ムダ毛に光を照射して脱毛をします。効果があるのは成長期の毛だけです。

 

そのため、脱毛の頻度が短すぎても効果は得られません。
肌の表面に出ている成長期のムダ毛は、ムダ毛全体のたった20%程度です。

 

一度施術をした後は、肌の奥で眠っている休止期や退行期のムダ毛が伸びて、再び成長期を迎えるまで待つ必要があります。

 

効率よく脱毛をするのにちょうどいい毛周期のサイクルは、約2ヶ月程度とされています。
そのため、VIO脱毛を受ける際は、2ヶ月程度の頻度で受けるようにするのがおすすめです。

 

サロンやクリニックで予約する際も、だいたい2〜3ヶ月の頻度で予約を入れるよう勧められます。

 

しかし、忙しかったり予約が取れなかったりして、3ヶ月以上間隔が開いてしまうという場合もあります。
この場合でも、脱毛効果は特に変わりません。2ヶ月程度の頻度というのは、効率よくVIO脱毛を進めていくための目安です。

 

間隔が開いても、効果が少なくなるという事はありません。

 

ただし、サロンでの光脱毛も、クリニックでの医療脱毛も、初回の施術は肌トラブルを避けるため出力を弱くしているのが一般的です。初回から2回目の間隔が開きすぎてしまうと、初回の脱毛効果をあまり感じられないかもしれません。

 

 

VIO脱毛とは?各々はどの部位(範囲)をいう?

VIO脱毛とはそもそもどの部位の脱毛のことを指すのかご存知でしょうか。

 

VIOとはデリケートゾーン全体のことを指し、毛の生え方からデリケートゾーンの正面の毛をVゾーン、脚と脚の間、つまり粘膜部分の周囲の毛をIライン、またおしりの穴の周りの毛をOラインと言います。

 

VIO脱毛とは、これらのデリケートゾーンの3か所の毛を脱毛することを指します。

 

脱毛サロンや医療脱毛では、VIOとまとめて総称されることが多いですが、VIO脱毛を行う場合は全てを脱毛するのではなく部分的に脱毛することも可能です。

 

VIO脱毛の回数が他の部位よりも多いのはどうして?

VIO脱毛は、腕、足などに比べて、脱毛にかかる回数が多いといわれています。
その理由は、VIOラインの毛周期と毛質にあります。

 

毛周期が長い

毛周期とは、ムダ毛が生え変わるまでのサイクルのことです。毛周期は部位によって異なります。
毛周期のサイクルは

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

を繰り返しています。脱毛に適しているのは、成長初期から成長期が終わるまでの間です。

 

比較的脱毛効果が出やすく、少ない回数で済むとされている足や腕の脱毛周期は、およそ半年から1年半程度です。それに対して、VIOラインの毛周期は1年から2年程度となっています。

 

また、ムダ毛が伸びるスピードも部位によって変わりますが、腕や脇などが1日あたり約0.3〜0.4mm伸びるのに比べて、VIOラインは1日約0.2mmしか伸びません。そのため、VIOラインのムダ毛は成長期になるまでの時間が長く、脱毛しても効果が出るまでの時間が長くなってしまいます。

毛周期

VIOは毛質が太い

腕や足のムダ毛と比べると、VIOラインは濃くて太いムダ毛が生えやすいエリアです。光脱毛や医療脱毛は、特殊な光を照射することで毛根にダメージを与えて脱毛します。

 

しかし、ムダ毛が濃くて太いと、照射パワーが伝わりにくくなります。そのため、細くて薄い部位のムダ毛に比べ、VIOゾーンはどうしても効果が出るまで時間がかかってしまいがちです。

 

VIO脱毛が最短で終わることのメリットは?

【メリット】

VIO脱毛が最短で終わるメリット

VIO脱毛はデリケートな部位ということもあり、あまり長引かせず終わらせたいという方も多いです。VIO脱毛が最短で終われば、その分脱毛にかかる費用も抑えられます。その他にも、VIO脱毛を最短で終わらせることで得られるメリットは様々です。

 

自己処理から解放される

VIOラインは自己処理が難しい部位のひとつです。
脱毛が完了するまでは、面倒な自己処理と付き合わなくてはなりません。

 

最短でVIO脱毛が終われば、厄介な自己処理から解放されるまでの期間も短くなります。

 

ムダ毛の自己処理は肌にダメージを与えるため、早く脱毛が終わるほど綺麗な肌も手に入れられるようになり、メリットは非常に大きいです。

 

脱毛時に生理を気にする期間も短くなる

また、VIO脱毛は、その場所柄どうしても生理期間を考慮して脱毛計画を立てないといけません。

 

せっかく予約を入れていても、ちょうど生理と重なってしまって施術が受けられないという事も考えられます。

 

予定通りスムーズに生理が来てくれればいいのですが、なかなかそうもいきません。
VIO脱毛の期間が長ければ長いほど、生理の心配をしながらのスケジュール組みが面倒になります。

 

VIO脱毛が最短で終われば、生理を気にする期間も短くなります。

 

脱毛時の痛みを感じる期間も短くて済む

VIOラインの脱毛は、毛が太くて濃い上、粘膜に近い部分なのでどうしても施術の際に痛みを伴います。
痛みが苦手な方にとっては、脱毛の痛みに延々耐えながら何年も施術をするのは辛いものがあります。

 

光脱毛は医療脱毛に比べて痛みは少ないですが、ゼロというわけではありません。

 

VIO脱毛が最短で終われば、痛みに耐える期間も短くて済みます。
施術の際の痛みが気になるという方は、痛みは強いですが回数が少なく済む医療脱毛を選ぶのも一つの手段です。

 

パートナーに喜ばれる
VIO脱毛中はなるべく自己処理をしない方が理想的なので、自己処理の回数を少なくしようと思うと中途半端にムダ毛が生えて少しみすぼらしい感じになってしまいます。
VIO脱毛中はその生えかけの状態が処理していないとき以上に恥ずかしいと感じる女性もいるくらいです。

 

しかしVIO脱毛が最短で終われば、中途半端な生えかけの状態でパートナーと接する機会も少なく、早くキレイになればその分パートナーにも喜んでもらえます。
男性はVIO脱毛でキレイに整えてある状態を好む傾向にあるので、VIO脱毛を悩んでいる人はなるべく早くスムーズに脱毛を完了させておきましょう。

 

・ムダ毛で悩む期間が短くてすむ
VIOの毛が生えていると、デリケートゾーンのムレやかゆみや、パートナーからの視線が気になるなどの心配事がやみません。
しかしVIO脱毛が最短期間で完了すれば、ムダ毛と一緒についてくる悩みも一緒に解決することができます。

 

ムダ毛はストレスの原因にもなるので、ストレスから少しでも早く解放されると思えば、最短で脱毛を完了させることでたくさんのメリットがついてきます。
ストレスから解放されることで、美肌やダイエットなどの美容効果も高まります。

 

・好きな下着や水着を選ぶことができる
VIOのムダ毛は生えっぱなしの状態にしているとカバーできる範囲からはみ出たりしてお洒落なデザインのショーツや水着を選びにくくなります。
可愛いデザインのものに限って少し小さめのカバー率になっていることが多いです。

 

ムダ毛を気にしてお気に入りのショーツや水着が選べないのは残念ですよね。
VIO脱毛を早く完了させることで、大胆でセクシーなデザインも可愛く着こなすことができます。

 

 

VIO脱毛のデメリットは?

VIO脱毛にはいくつかデメリットもあります。
脱毛を契約してからこんなはずじゃなかったなんてことにならないように、あらかじめVIO脱毛のデメリットにも焦点を当てておきましょう。

 

恥ずかしい

VIO脱毛を経験したことがない人の多くは、施術の際に普段露出しない部分をさらすことに抵抗感を感じる人が多いです。

 

VIO脱毛は気になるけど、恥ずかしくてカウンセリングではしっかりと話を聞けなかったという人や、形をどうすればいいのか分からないけど聞けなかったという人も多いです。

 

VIO脱毛をスタートすることに抵抗感を感じる人が多い一方で、すでにVIO脱毛をスタートしている人はそれ程抵抗感を感じている人が少ないのが実際のところです。
VIO脱毛している人を対象に行ったアンケートでは、2回目以降のVIO脱毛では恥ずかしさを感じなくなったという人が7割以上になっています。

 

最近ではVIO脱毛をする人が多く、スタッフもVIO脱毛に慣れているのでカウンセリングでも親身に相談に乗ってくれます。
施術の際も陰部を直接さらすわけではなく、紙パンツを利用したりして恥ずかしいと思う部分を直接見られることはないので慣れてしまえばなんてことはありません。

 

形をどうしたらよいかわからない

VIO脱毛では形を悩む人も多いようです。
VIO脱毛の形は、

 

・全体的に毛を薄くするだけ

 

・Vラインを整えて、パンツからはみ出ないように整える
・Vラインだけ残して、IラインとOラインをツルツルにする
・全て毛がない状態にする
・Vラインの形をハートマークや星マークにしてみる

 

など色々なデザインに調節することが出来ます。

 

量はどの位残した方がいい?後悔しない?

サロン脱毛でも医療脱毛でも、基本的に一度脱毛を進めていくと毛は生えてこなくなります。
しかしVIOの毛は他の部位と比較しても脱毛に時間がかかる部位で、全剃りしたからと言っていきなりツルツルになることはまずありません。
脱毛に時間がかかるからこそ、脱毛を進めながら形を考えることも出来ます。

 

実際に始めは恥ずかしさ故に毛を残す方向で脱毛を始めて、最終的に全て毛がない状態を目指すというパターンも少なくありません。
脱毛しながら脱毛の施術にあたってくれるプロの人に相談しながら進めていくのも1つの手段です。

 

痛みはどれ位?

VIO脱毛は肌が薄く毛が濃いため、他の部位よりも施術時の痛みを強く感じやすい部位になります。
サロン脱毛でも医療脱毛でも、個人の毛質や肌質、脱毛の進み具合に合わせてレベルを調節してくれるので痛くて耐えられないということにはなりません。

 

サロン脱毛で取り扱われる光脱毛器は、医療脱毛で取り扱われるレーザー脱毛器よりも出力が優しいため、比較的痛みも少なく施術することが出来ます。

 

しかし出力が高い状態で施術すればその分高い脱毛効果が得られるため、なるべく高いレベルで施術していきたいところですね。

 

医療脱毛の場合、医師がいるため施術にあたって麻酔を利用することも可能です。
麻酔を利用すれば痛みもコントロールすることが出来、しっかりとした脱毛効果も期待することが出来ます。

 

リスクや危険性は?

脱毛はサロン脱毛でも医療脱毛でも火傷などの肌トラブルがつきものです。
最近では安全性の高い脱毛器が使用されることがほとんどなので、よっぽどのことがない限り大げさな肌トラブルが生じることはありません。
しかし日焼けした肌に脱毛したり、体調がかんばしくないときに脱毛を受けると思わぬ肌トラブルが生じる可能性もあります。

 

肌トラブルが生じたときのために、ドクターサポートが整っている脱毛サロンや医師の診察がすぐに受けられる医療脱毛がおすすめです。
医療脱毛では薬の処方もしてくれるため、肌状態に対して柔軟かつ迅速に対応してくれます。

 

・一度脱毛したら基本的には生えてこなくなる
VIO脱毛をしてキレイな状態にしたけどやっぱり毛があった方がいいと思っても、1度脱毛したら基本的に二度と毛は生えてこない状態になります。
特にクリニックで医療脱毛を行うと、脱毛効果が高く1回ごとの施術で毛量が減っていきます。
医療脱毛を選択する場合は、よりあらかじめしっかりとデザインを決めておくことが大切です。

 

 

VIO脱毛の悩み

VIOが初めてという人は、なかなか友達や家族にも聞きにくいテーマなので悩んでしまう人が多いようです。
この記事を読んでVIO脱毛の悩みをしっかりと解決してください。

 

事前処理はどのくらいの量を残す?
サロン脱毛でも医療脱毛でも、脱毛の日の前日までに自己処理を勧められるところがほとんどです。
脱毛をするためにはムダ毛が処理されている状態にする必要があるため、脱毛したい部分は剃る必要があります。

 

ムダ毛処理のお手伝いをしてくれるところもありますが、ムダ毛の処理に追加料金を支払う必要があるところも少なくないため、ムダ毛処理をお願いする場合は事前確認が大切です。

 

自己処理できるのであれば自己処理してから向かうのがサロン側の時間の節約にもなり、理想的なマナーと言えます。

 

初めての脱毛でどれくらい事前処理をすればいいのか分からないという人は、思い切って電話やカウンセリングで聞いてみましょう。
どうしても聞けないという人は、1回目の脱毛は全範囲剃れるだけ剃ってから行くことをおすすめします。

 

どんな姿勢でやればいい?
VIO脱毛をしたいけど、そもそもVIOの毛をそったことがないという人も少なくないです。
VIOの毛は自分では見にくい位置で、処理しにくいですね。

 

VIOのムダ毛を処理する場合は、カミソリではなく細めのシェーバーで処理するのが理想的です。
脚を開いた姿勢で体を丸めてみたり、鏡を利用して剃るとそり残しが出来にくいです。

 

最短で終わるにはサロン、医療クリニックどちらが良い?

脱毛回数や脱毛期間で比較した場合、脱毛サロンと脱毛クリニックでは確実に脱毛クリニックの方が早く脱毛を完成することが出来ます。

 

これは脱毛器の出力の違いによるものですが、脱毛サロンを選ぶ人が多いのは金銭的な理由です。
また、痛みが心配で脱毛サロンを選択するという人も少なくありません。

 

しかし1回ごとの交通費や、時間を考慮すると確実に脱毛サロンの方が効率的に脱毛を進めていくことが出来ます。
早く脱毛が完成すれば、その分ムダ毛のストレスからも早く解消されますよ。

 

サロンだとどこが最短?

脱毛サロンの中でも、特にVIO脱毛を最短で終わらせることが出来るのは、
・ミュゼ
・キレイモ
の2つです。

 

・ミュゼ
ミュゼは定期的に格安のキャンペーンを行っているので、キャンペーンを上手く活用すればとてもお得に脱毛をスタートすることが出来ます。
半額キャンペーンや両わき&Vライン無料プレゼントなどのキャンペーンを利用すれば、VIO脱毛が脱毛業界最安値の8回28,880円で施術することが出来ます。
とにかくデリケートゾーンの脱毛を試してみたいという人には、両わきトVラインがたったの100円でお試し脱毛出来るキャンペーンも実施しています。

 

お金はないけどVIO脱毛を今すぐ始めたいという人に、ミュゼは理想的な脱毛サロンです。

 

・キレイモ
VIO脱毛のついでに全身脱毛もスタートしたいという人におすすめなのがキレイモです。
キレイモでは全身脱毛にVIO脱毛もしっかりと含まれていて、全身脱毛の価格は業界最安値です。
月額で支払えば、月々9,500円と1万円以下なので、気軽に全身脱毛をスタートすることが出来ます。

 

VIO脱毛をしていると、その他の体毛も気になって結果的に全身脱毛するという人もすくなくありません。
せっかく脱毛するのであれば、初めから全身脱毛に決めてしまえばとっても節約になります。

 

クリニックだとどこが最短?

医療脱毛の中でも、特にVIO脱毛を最短で終わらせることが出来るのは、
・アリシアクリニック
・湘南美容外科クリニック
です。

 

・アリシアクリニック
アリシアクリニックでは、クリニックの中では珍しく月額制のプランが用意されています。
クリニックで脱毛したいけど、まとまったお金がないという人にも優しい脱毛プランとなっています。

 

アリシアクリニックのVIO脱毛し放題プランは、月額3,800円となっているので学生でもVIO脱毛を気軽にスタートすることが出来ます。
さらに安く脱毛したいという人には、5回で月額3,000円といったリーズナブルコースも用意されています。
VIO脱毛は他の部位よりも比較的脱毛回数が多めに必要になる人が多いので、脱毛し放題のプランに申し込んでおけば回数を気にすることなく脱毛を進めていくことが出来ます。

 

アリシアクリニックはクリニックなのでドクターサポートもしっかりと整っていて、安心して脱毛が進められるのもおすすめの理由の1つです。

 

・湘南美容外科クリニック
湘南美容外科クリニックでは、クリニックとは思えないほどの安い料金設定でVIO脱毛を行うことが出来ます。
レーザー脱毛6回コースが60,750円で受けられるのは、脱毛サロンの中でも最安値の価格設定となっています。
また湘南美容外科クリニックでは、初診料や再診料、初回のテスト照射や必要な場合のお薬の処方も全て無料で受けることが出来ます。
湘南美容外科クリニックはその名を知る人も多い有名大手サロンなので、安心感も大きなメリットです。

 

最短だけではない?VIO脱毛の形やデザインを注意しないと後悔も

早く脱毛を完成したいという人には医療脱毛がおすすめです。
しかしまだ形を迷っているという人や、VIOの形が決められないという人が医療脱毛で脱毛を進めてしまうと、意外と早く進む脱毛スピードにびっくりするかもしれません。

 

医療脱毛では、体質や毛質によっては1回目からしっかりとした脱毛効果を感じる人も多く、スタッフに勧められるがままにVIO全部位剃って3回施術したら、理想よりも毛が少ない状態になってしまったなんてことも起こりかねます。

 

一度脱毛した毛は戻ってこないので、形や毛の量を慎重に調節していきたいという人には脱毛サロンも向いています。
脱毛サロンでは脱毛回数が必要になる一方、施術ごとに少しづつ毛が減っていくので細かい毛の量や形の調節に向いています。

 

まだVIO脱毛に不安が残ると言う人は、脱毛サロンからVIO脱毛をスタートしてもいいかもしれません。

 

 

医療脱毛は永遠に形が決まってしまう?

脱毛サロンでも医療脱毛でも、一度脱毛した部位は基本的には毛が生えてこなくなります。

 

女性の場合ホルモンバランスの崩れや、体調不良、衣類によるこすれなどの刺激でわずかに毛が濃くなる可能性もありますが、基本的には一度脱毛した部位は再び毛が生えてこないと理解して間違っていません。

 

医療脱毛をしたいけど、まだ形がしっかり決まっていないという人はそのことをしっかりと施術してくれるスタッフに伝えて、必要以上に脱毛してしまわないように注意しましょう。
不安が残る場合は後悔してからでは遅いので、必要になる可能性がある部分の毛を残して部分的に脱毛することが出来ます。

 

もちろん後から気が変わって脱毛範囲を広げることも可能なので、少し保守的に脱毛を進めていくと後悔しないでしょう。
パートナーがいる場合は、事前にパートナーにも相談しておくといいかもしれませんね。

 

 

 

最短でVIO脱毛をするなら医療脱毛がおすすめ

VIOの医療脱毛

VIO脱毛の期間を最短で終わらせたいなら、医療脱毛が圧倒的におすすめです。
医療脱毛は、専門のクリニックで医療用のレーザーを使った脱毛施術を行います。

 

医療脱毛はサロンでの光脱毛に比べ、1回の施術で毛根に与えるダメージが大きいため、得られる効果も高いです。
さらに、レーザー光線は濃くて太い毛ほど強く反応するため、VIOラインの脱毛に非常に向いています。

 

脱毛が完了するまでのトータルの期間で比較すると、医療脱毛はサロンでの光脱毛に比べて、およそ半分の期間でVIO脱毛が完了します。

 

そのため、最短でVIO脱毛をしたいなら、医療脱毛の選択肢を選ぶのがベストです。

 

医療脱毛は痛みと費用に注意

医療脱毛のデメリットは、光脱毛に比べて痛みが強いことと、費用が高いことです。

 

しかし、最近では医療脱毛でも痛みを抑える工夫がされた脱毛機器が開発されています。
実際に医療脱毛を体験してみたら、思ったほど痛くなかったと感じる方も多いようです。

 

また、医療脱毛はクリニックで施術を受ける医療行為なので、あまり痛みが強いようであれば、麻酔をしてもらうこともできます。
麻酔をしてもらえば、安全に脱毛の際の痛みを軽減できるので、痛みが苦手な方にはおすすめです。

 

費用面に関しても、確かに1回あたりの料金で考えると光脱毛の方が安いですが、医療脱毛は脱毛期間が短くて済みます。脱毛が完了するまでの期間で考えると、最短でVIO脱毛が終わる医療脱毛の方が、トータルの費用が安かったというケースも多いです。

VIOの医療脱毛の料金

 

まとめ
VIO脱毛は、全身の他の部位よりも、毛周期と毛質の関係で脱毛に時間がかかる部位です。

 

大体2ヶ月程度の頻度で脱毛すると効率よく脱毛できます。VIO脱毛はなるべく短い期間で済ませてしまう方が、メリットが大きいため、脱毛効果の高い医療脱毛がおすすめです。自分のライフスタイルや痛みへの耐性などを考えつつ、自分に合った脱毛方法を選びましょう。