VIO脱毛を最短で終わるための期間は?医療脱毛で早く完了できる?

VIO脱毛が最短で終わるまでの期間は?医療脱毛で早く完了できる?

VIO脱毛が最短で終わるまでの期間

VIO脱毛は、人気の高い脱毛部位です。いつかVIO脱毛にチャレンジしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

 

これからVIO脱毛をするにあたって、最短で脱毛効果が得られるにはどれくらいかかるのかなど、VIO脱毛の効果や期間について調べました。

VIO脱毛の回数が他の部位よりも多いのはどうして?

VIO脱毛は、腕、足などに比べて、脱毛にかかる回数が多いといわれています。
その理由は、VIOラインの毛周期と毛質にあります。

 

毛周期が長い

毛周期とは、ムダ毛が生え変わるまでのサイクルのことです。毛周期は部位によって異なります。
毛周期のサイクルは

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

を繰り返しています。脱毛に適しているのは、成長初期から成長期が終わるまでの間です。

 

比較的脱毛効果が出やすく、少ない回数で済むとされている足や腕の脱毛周期は、およそ半年から1年半程度です。それに対して、VIOラインの毛周期は1年から2年程度となっています。

 

また、ムダ毛が伸びるスピードも部位によって変わりますが、腕や脇などが1日あたり約0.3〜0.4mm伸びるのに比べて、VIOラインは1日約0.2mmしか伸びません。そのため、VIOラインのムダ毛は成長期になるまでの時間が長く、脱毛しても効果が出るまでの時間が長くなってしまいます。

毛周期

VIOは毛質が太い

腕や足のムダ毛と比べると、VIOラインは濃くて太いムダ毛が生えやすいエリアです。光脱毛や医療脱毛は、特殊な光を照射することで毛根にダメージを与えて脱毛します。

 

しかし、ムダ毛が濃くて太いと、照射パワーが伝わりにくくなります。そのため、細くて薄い部位のムダ毛に比べ、VIOゾーンはどうしても効果が出るまで時間がかかってしまいがちです。

 

VIOの脱毛頻度はどれくらい?

サロンやクリニックでの脱毛は、ムダ毛に光を照射して脱毛をします。効果があるのは成長期の毛だけです。そのため、脱毛の頻度が短すぎても効果は得られません。肌の表面に出ている成長期のムダ毛は、ムダ毛全体のたった20%程度です。一度施術をした後は、肌の奥で眠っている休止期や退行期のムダ毛が伸びて、再び成長期を迎えるまで待つ必要があります。

 

効率よく脱毛をするのにちょうどいい毛周期のサイクルは、約2ヶ月程度とされています。そのため、VIO脱毛を受ける際は、2ヶ月程度の頻度で受けるようにするのがおすすめです。サロンやクリニックで予約する際も、だいたい2〜3ヶ月の頻度で予約を入れるよう勧められます。

 

しかし、忙しかったり予約が取れなかったりして、3ヶ月以上間隔が開いてしまうという場合もあります。この場合でも、脱毛効果は特に変わりません。2ヶ月程度の頻度というのは、効率よくVIO脱毛を進めていくための目安です。間隔が開いても、効果が少なくなるという事はありません。

 

ただし、サロンでの光脱毛も、クリニックでの医療脱毛も、初回の施術は肌トラブルを避けるため出力を弱くしているのが一般的です。初回から2回目の間隔が開きすぎてしまうと、初回の脱毛効果をあまり感じられないかもしれません。

 

VIO脱毛の効果は?完了までの脱毛回数は?

VIO脱毛の効果までの回数や期間

VIOラインのムダ毛は、他の部位に比べて濃い上、毛周期が長いのが特徴です。このことから脱毛の効果が出て、完全に脱毛が終わるまでの回数は他の部位よりどうしても長くなってしまいます。

 

また、脱毛効果はサロンの光脱毛と、クリニックの医療脱毛でも違います。光脱毛は痛みが少なく、肌に優しい分、光の出力は弱めです。医療脱毛は光の出力が高く痛みを感じやすいですが、脱毛の効果が出るまでは短いです。

 

VIO脱毛の効果に必要な回数

光脱毛の場合、VIO脱毛の効果が出るまでは4回から6回程度の施術が必要です。

 

それに対して、医療脱毛の場合は3、4回目で効果を感じ始めるのが一般的です。光脱毛の初回施術で効果を感じる方は少ないですが、医療脱毛は初回から効果を感じるという方もいます。

 

VIO脱毛完了に必要な脱毛回数

VIO脱毛完了の目安をどのラインにするかで完了までの回数は変わります。

 

アンダーヘアを残し、毛量を減らした自然な仕上がりにする場合、光脱毛は12回程度、医療脱毛は5、6回が目安です。期間にしてそれぞれ光脱毛が2年ほど、医療脱毛が1年ほどと、光脱毛の方が2倍期間もかかります。

 

VIOラインを完全に無毛にする場合、光脱毛は18回程度、医療脱毛は10回程度の施術が必要です。期間にしておよそ3年と1年半なので、かなりの差が生まれます。自分がVIOラインをどの程度整えるか、脱毛を始める前にゴールを設定しておきましょう。

 

VIO脱毛が最短で終わることのメリットは?

VIO脱毛が最短で終わるメリット

VIO脱毛はデリケートな部位ということもあり、あまり長引かせず終わらせたいという方も多いです。VIO脱毛が最短で終われば、その分脱毛にかかる費用も抑えられます。その他にも、VIO脱毛を最短で終わらせることで得られるメリットは様々です。

 

自己処理から解放される

VIOラインは自己処理が難しい部位のひとつです。脱毛が完了するまでは、面倒な自己処理と付き合わなくてはなりません。

 

最短でVIO脱毛が終われば、厄介な自己処理から解放されるまでの期間も短くなります。ムダ毛の自己処理は肌にダメージを与えるため、早く脱毛が終わるほど綺麗な肌も手に入れられるようになり、メリットは非常に大きいです。

 

脱毛時に生理を気にする期間も短くなる

また、VIO脱毛は、その場所柄どうしても生理期間を考慮して脱毛計画を立てないといけません。せっかく予約を入れていても、ちょうど生理と重なってしまって施術が受けられないという事も考えられます。

 

予定通りスムーズに生理が来てくれればいいのですが、なかなかそうもいきません。VIO脱毛の期間が長ければ長いほど、生理の心配をしながらのスケジュール組みが面倒になります。VIO脱毛が最短で終われば、生理を気にする期間も短くなります。

 

脱毛時の痛みを感じる期間も短くて済む

VIOラインの脱毛は、毛が太くて濃い上、粘膜に近い部分なのでどうしても施術の際に痛みを伴います。痛みが苦手な方にとっては、脱毛の痛みに延々耐えながら何年も施術をするのは辛いものがあります。

 

光脱毛は医療脱毛に比べて痛みは少ないですが、ゼロというわけではありません。VIO脱毛が最短で終われば、痛みに耐える期間も短くて済みます。施術の際の痛みが気になるという方は、痛みは強いですが回数が少なく済む医療脱毛を選ぶのも一つの手段です。

 

最短でVIO脱毛をするなら医療脱毛がおすすめ

VIOの医療脱毛

VIO脱毛の期間を最短で終わらせたいなら、医療脱毛が圧倒的におすすめです。
医療脱毛は、専門のクリニックで医療用のレーザーを使った脱毛施術を行います。医療脱毛はサロンでの光脱毛に比べ、1回の施術で毛根に与えるダメージが大きいため、得られる効果も高いです。さらに、レーザー光線は濃くて太い毛ほど強く反応するため、VIOラインの脱毛に非常に向いています。

 

脱毛が完了するまでのトータルの期間で比較すると、医療脱毛はサロンでの光脱毛に比べて、およそ半分の期間でVIO脱毛が完了します。そのため、最短でVIO脱毛をしたいなら、医療脱毛の選択肢を選ぶのがベストです。

 

医療脱毛は痛みと費用に注意

医療脱毛のデメリットは、光脱毛に比べて痛みが強いことと、費用が高いことです。しかし、最近では医療脱毛でも痛みを抑える工夫がされた脱毛機器が開発されています。実際に医療脱毛を体験してみたら、思ったほど痛くなかったと感じる方も多いようです。また、医療脱毛はクリニックで施術を受ける医療行為なので、あまり痛みが強いようであれば、麻酔をしてもらうこともできます。麻酔をしてもらえば、安全に脱毛の際の痛みを軽減できるので、痛みが苦手な方にはおすすめです。

 

費用面に関しても、確かに1回あたりの料金で考えると光脱毛の方が安いですが、医療脱毛は脱毛期間が短くて済みます。脱毛が完了するまでの期間で考えると、最短でVIO脱毛が終わる医療脱毛の方が、トータルの費用が安かったというケースも多いです。

VIOの医療脱毛の料金

まとめ

VIO脱毛は、全身の他の部位よりも、毛周期と毛質の関係で脱毛に時間がかかる部位です。

 

大体2ヶ月程度の頻度で脱毛すると効率よく脱毛できます。VIO脱毛はなるべく短い期間で済ませてしまう方が、メリットが大きいため、脱毛効果の高い医療脱毛がおすすめです。自分のライフスタイルや痛みへの耐性などを考えつつ、自分に合った脱毛方法を選びましょう。