デリケートゾーンがかぶれる・・その原因は?

毎日下着を密着させ、通気性が良いとはいえないデリケートゾーン。

 

最近、かぶれやすい・・どうしたら良いの?

 


困り顔

 

市販のお薬も流通してますが、ドラッグストアで薬を買うのも勇気が必要ですよね。

 

また、市販のお薬では治せない病気の可能性もありますし、その場合はなるべく早く完治してあげないと将来的に妊娠時などに影響が出てしまう可能性があります。

 

ここでは、人にはなかなか相談できない悩みを少しでも軽減し、かぶれを解消するためにデリケートゾーンのかぶれの原因について探っていきましょう!

 

デリケートゾーンのかぶれの原因は?

デリケートゾーンって、「アンダーヘアと下着が密着」→「空気がこもりやすい」→「蒸れやすい」→「細菌が増えやすい」という流れで、いろんな危険が隠れてるんです!

 

かぶれの原因をひとつずつ探っていきましょう。

 

まず第一に、「蒸れ」ですね。
夏や運動した後、長時間イスに座った後、タイツを長時間はいた後などはとくにデリケートゾーンに汗をかいて蒸れやすくなります。

 

次に「生理やおりもの」です。
アンダーヘアで汗のかきやすい場所に加えて、経血やおりもの、さらにナプキンで肌をふさいでしまうのでお肌が呼吸をできない状態になります。

 

ここまでは通常の生活レベルで発生してしまうかぶれの原因ですが、ここからは自己管理の欠陥が原因となります。

 

生理脱毛

 

まず「刺激」です。
あまり強くこすりすぎたり、洗いすぎたり、あとは激しいセックスなども原因となることがあります。

 

デリケートなお肌だからこそ優しく大切に扱ってあげないと肌が悲鳴をあげてかぶれの原因になります。
パートナーにもその事実をきちんと伝えてお肌も気持ち良いセックスができるようにしてくださいね。

 

次に、
「自律神経の乱れ」もかぶれの原因となります。
女性はホルモンバランスも乱れやすく、疲労やストレスが身体に表れやすいと言えます。

 

これらは自律神経の乱れを引き起こし、デリケートゾーンに影響が出ることも・・
ストレスが溜まっているときはリフレッシュするなどしてできるだけストレスを軽減するようにしましょう。

 

あとは「性病」ですね。
こちらは主に感染症となり、感染する原因としてデリケートゾーンが不衛生で雑菌が増殖しやすいことも上げられます。

 

かぶれだけでなく、臭いやかゆみも伴い、将来的に不妊症になりやすかったり妊娠したときに胎児に影響が出る場合もあるので、もし性病の疑いがあるならば病院で処置してもらってなるべく早く完治させることが必要です。

 

かゆい

 

デリケートゾーンのかぶれが引き起こす症状は?

デリケートゾーンの皮膚は体の他の部位の皮膚よりも薄く敏感な部分です。
デリケートゾーンが一度かぶれてしまうと、かゆみにより自分で引っかいてしまったり、刺激を受けて肌がさらに敏感な状態になり悪循環を繰り返しやすくなります。

 

また、かぶれによるかゆみによって思わず自分でかく癖がついてしまうと、皮膚は繰り返しの刺激を受けて硬く乾燥してしまいます。
場合によっては外的刺激から体を守るためにデリケートゾーンの皮膚細胞に存在するメラニン色素が増え、デリケートゾーンの黒ずみが起こります。

 

一度デリケートゾーンが黒ずんでしまうと、なかなか元に戻すのが難しいのでデリケートゾーンの黒ずみは事前に予防することが大切です。
かぶれはデリケートゾーンの黒ずみの原因にもなるので、かぶれが起こったと感じたらすぐに対策することが大切です。

 

 

デリケートゾーンのかぶれを防ぐ方法

かぶれの原因は防ぐのが難しい「蒸れ」「生理」も含まれているため、完全に防ぐ方法を見つけるのは簡単ではありませんがいくつか予防方法をお伝えしますね。

 

  • 汗をかいたらショーツを変える。
  • 通気性の良い素材のショーツやタイツを履く。
  • ナプキンはなるべく通気性の良いものを選び、こまめに交換する。
  • デリケートゾーン専用のソープを使用する。
  • デリケートゾーンの脱毛をする。

 

汗をかいたらショーツを変える。

かぶれを予防するためには、デリケートゾーンを常に清潔な状態に保つことが大切です。

 

スポーツをした後や、緊張して汗をかいた後は下着も含めて着替えるように心がけてデリケートゾーンのかぶれを予防しましょう。
少し手間に思うかもしれませんが、汗をかいた後はショーツまで履き替えると気分的にもスッキリとします。

 

ショーツはそれほどかさばる大きさでもないので、数枚カバンに入れておけば好きなタイミングで履き替えることが可能です。

 

通気性の良い素材のショーツやタイツを履く。

ショーツやタイツ、パンツの材質や性能はデリケートゾーンの衛生面に非常に大きく関わってきます。
ショーツは綿で出来た汗の吸収率の良い素材のものをはくのがおすすめです。

 

またショーツだけではなく、かぶれの状態がひどいときは通気性を重視してスカートを選ぶようにして、衣類の摩擦や圧迫を予防すると効率的にかぶれの症状を改善することが出来ます。

 

もちろんスカートやパンツ、タイツなどの素材選びも大切です。
衣類の素材は汗の吸収率の良い綿などの素材が理想的です。

 

スカートやパンツのサイズ選びも圧迫するようなものではなく、少し余裕のあるものがデリケートゾーンのかぶれ改善、予防に重要なポイントです。

 

ナプキンはなるべく通気性の良いものを選び、こまめに交換する。

生理中はナプキンやタンポンを利用しますが、経血の量が少ないからと言ってナプキンやタンポンの交換を怠るとかぶれの原因になります。
あまり汚れていないように見えても、肌は意外と汗をかいています。
ナプキンは経血の汚れも含めて雑菌が発生しやすいので、キレイな状態であったとしても定期的に交換することが理想的です。

 

また、生理中の経血の対応としてナプキンやタンポンだけでなく、布ナプキンという選択肢もあります。

 

布ナプキンは綿で出来ているものが多く、肌への刺激が少ないためかぶれがひどい人には一時的にでも利用してみることをおすすめします。
布ナプキンは利用ごとに手洗いする必要があるので少し手間にはなりますが、その分肌をいたわることが出来ます。

 

デリケートゾーン専用のソープを使用する。

デリケートゾーンを石鹸やボディソープでゴシゴシと洗っている人も多いようですが、デリケートゾーンは肌も敏感で洗いすぎは肌の負担になってしまいます。
一般的に市販されている石鹸やボディソープは洗浄力が高く、デリケートゾーンに必要な常在菌まで洗い流してしまいます。
デリケートゾーンを洗浄する場合は、デリケートゾーン専用のソープを利用するのが理想的です。

 

デリケートゾーン専用のソープを手できめ細かく泡立てて、泡をデリケートゾーンに押し当てるようにして洗いましょう。
ボディスポンジを利用してこするのも刺激となるので控えるようにしましょう。

 

また、洗浄後はスキンケア用の化粧水や保湿液等を利用して乾燥を防ぐこともかぶれ予防に効果的です。
肌がかぶれている場合は、必ず敏感肌用の低刺激の商品を選択するようにしましょう。

 

デリケートゾーンの脱毛をする。

デリケートゾーンのかぶれを防ぐためには、上記のように
衣類や洗浄方法を工夫して清潔を保つことが出来ますが、実は脱毛をしてしまうのが一番簡単な衛生管理方法です。
脱毛は一度完成すれば再び生えてこなくなるので、衣類や洗浄方法の工夫のように半永久的に続ける必要がありません。

 

デリケートゾーンのムダ毛が整うことで、生理中の経血による蒸れや、おりものによる不快感が改善します。
デリケートゾーンをツルツルにするのは抵抗感があるという人でも、毛量を減らして毛の生えている範囲を狭くするだけでもかなりかぶれは起こりにくくなります。

 

デリケートゾーンの脱毛は、かぶれの予防以外にも見た目的なメリットも大きいです。

 

すでにかぶれが起こってしまっている状態だと、脱毛サロンや脱毛クリニックによっては脱毛が出来ない可能性もあります。
かぶれがあって脱毛を検討したいという人は、無料カウンセリングでスタッフに相談してみましょう。

 

また、肌に心配のある人は脱毛サロンではなく脱毛クリニックの医師のいるところで施術してもらうと安心です。
脱毛クリニックでは、医師の診断により薬の処方もしてもらえるので、万が一肌トラブルが起こった際もしっかりとアフターケアしてもらうことが出来ます。

 

 

 

参考記事:VIO脱毛ランキング

 

まとめ
このように、いくつか方法はありますが長期的にみて一番賢い選択といえるのが「デリケートゾーンの脱毛をする」でしょう。
根本的な原因である「蒸れ」を軽減することができるので、ショーツやナプキンをこまめに変えるなどといった手数を減らすことができますし、感染症の予防にも繋がります。

 

ただし、脱毛するのにも性病にかかっている場合は完治してからの施術になるのでまずはかぶれの状態をきちんとチェックしてから予防方法の対策を取ってみてくださいね!

 

 

その他の脱毛コラムもチェック♪