VIO脱毛時のおりもの・・・

VIO脱毛時のおりものって気にならない?

エステでVIO脱毛をしたいけど、施術時におりものが出てしまったりしたらどうしたらいいんでしょう?
エステティシャンの人はプロだし、たくさんの人を施術しているとは分かっていても、不潔だって思われたら恥ずかしい・・・。

 

そんな悩みからエステでの脱毛をためらっている人もいるのではないでしょうか?

 

今回は脱毛時のおりものについてご紹介します。

 

VIO脱毛のおりものの対処法は?

VIO脱毛の前にデリケートゾーンを清潔に保っておくのは大切なマナーの1つです。
おりものは自然の体の仕組みなので、不潔なものではありません。
しかしVIO脱毛を行う場合、施術を受ける側としても、施術する側としてもキレイな状態にしておくことで気持ちよく脱毛を進めていくことが出来ます。

 

おりものをあまり過度に心配する必要もありませんが、VIO脱毛施術前には、
・軽くシャワーを浴びておく
・トイレのウォシュレット、またはビデ機能を活用
・赤ちゃん用ウェットティッシュでふきとる
などの配慮をしておくといいでしょう。

 

おりものはあくまでも女性の体に必要不可欠な衛生の仕組みです。
赤ちゃん用おしりふきなどは敏感な部分にも使用可能ですが、デリケートゾーンを洗浄作用の高い石鹸でゴシゴシと洗ったり、膣の中まで洗ってしまうと体に必要な常在菌まで洗浄されて反対におりものがひどくなることもあります。
除菌効果の高いウェットティッシュの使用にも注意が必要です。
VIO部分は「キレイに保つ」ことの加減が難しいところですが、洗いすぎにも注意が必要なのです。

 

おりものの役割を理解して、正常な状態を知ることでVIO脱毛の恥ずかしさも軽減します。
もちろん脱毛の施術スタッフも女性なので、女性ならではの不安や悩みは理解してくれます。

 

脱毛時のおりものはみんなどうしている?

結論から言えば、施術時のおりものについてはそれほど気にする必要はありません。
そもそも、不潔だったり、ケアが不足しているからおりものが出るのではありません。

 

あくまでおりものが出るのは、体質や体調によるもの。
エステティシャンも多くの女性に接しているため、そのことはよく分かっています。

 

それにエステティシャンの場合には、女性のカラダについてしっかり勉強しているので、恥ずかしく思う必要はどこにもありません。

 

ウェットティッシュ

 

それでも気になってしまう!という人は、施術に入る前にデリケートゾーンを赤ちゃん用のウェットティッシュなどでふいておくとよいでしょう。
そうすればきれいになり、気分的にもすっきりとして施術に臨むことができます。

 

聞くところによると、施術時にトイレットペーパーのかすがついていたりすることもあるそうなので、恥ずかしいというよりもエステティシャンの人への心配りという意味で施術前には拭いておくといいかもしれません。

 

 

いくらプロだと言っても、エステティシャンの人だって人間です。
きれいにしてくれてると思うと、自然に施術も丁寧にやらなければという気になるものです。

 

特にIライン、Oラインの部分は丁寧に吹いておくのがいいですね。
粘膜までふく必要はないですが、ビラビラはきれいにできたらベストです。

 

脱毛エステティシャン

 

おりものが多い方の対処法は?

おりものは自然の体の仕組みなので、いつも通りに分泌されている分には心配する必要はありません。
しかしホルモンバランスが崩れたり、体調が悪いときにはおりものの量が増える傾向があります。
おりものの量が普段よりも多いと感じる場合は、自分の体調管理をもう一度見直してみましょう。

 

増えたおりものに関して対処する方法としては、
・おりものシートを利用する
・トイレットペーパーやティッシュで拭き取る
・こまめに下着を交換する
・デリケートゾーンの洗体には刺激の少ないデリケートゾーン用のボディソープを利用する
などの対応が理想的です。

 

おりものは体の調子を表すサインでもあり、おりものが多いときはストレスを感じていたり疲労が溜まっている可能性もあります。

 

また、おりものの状態にも注意してみましょう。
おりものの状態が、
・白く濁る
・チーズのようにボロボロした状態になる
・泡状になる
・黄緑色をしている
・茶褐色である
・悪臭がある
・おりものだけでなく下腹部痛もある
・おりものだけでなく性行為のときに出血する
などの症状がある場合は、体調だけでなく感染症や病気の症状の可能性もあります。
不安に感じる場合は、早めに産婦人科を受診して医師の診察を受けましょう。

 

おりものって何で発生するの?原因は?個人差があるのはなぜ?

おりものの働きは、
・自浄作用
・受精を助ける働き
の2つの役割があります。

 

自浄作用とは、おりものを常に分泌することで膣に外部からの雑菌が侵入するのを防ぎ、常に清潔な状態を保つ働きを指します。
おりものはPh4.5から5.0程度の酸性のグリコーゲンによって作られています。

 

この酸性成分がおりもの独特の酸っぱいニオイの元になっているのですが、この酸性力で膣内の衛生状態を保っているのです。

 

酸性の環境は最近にとっては繁殖しにくくなっていて、常に酸性状態を保つことで雑菌は膣内に侵入できなくなります。
つまりおりものは少し酸味のあるニオイがする状態が正常な状態なのです。

 

もう1つのおりものの大切な働きは受精の手助けです。
おりものは性行為を円滑に行い、精子をスムーズに子宮に届ける働きをしてくれます。

 

おりものは女性の衛生面と子孫繁栄に欠かせない重要な働きを担っているので、洗いすぎにも注意が必要なのです。
おりものの状態に個人差があるのは、体調によっておりものの状態が変化するためです。
おりものの状態を体調管理に生かすのも、自分の体を知る良い手段になります。

 

VIO脱毛の施術時に感じてしまったら?

もしエステティシャンに触られて感じてしまったらどうしよう!そう思っている人も、実は少なくありません。

 

確かに、施術中に気持ちよくなってしまったら、これはちょっと恥ずかしいものかもしれませんね。
でも、実際には心配はいりません。

 

アンダーヘアの毛は太くて硬いので、レーザーや光照射時の痛みは、通常の施術よりもかなり強めです。
それをガマンしなければいけないので、感じているヒマはありません。

 

医療レーザー

 

でもやっぱり気になる!そういう人もいるでしょう。
そういう人にとって効果的なのは、施術の前に「私は何もしなくても濡れやすいので気にしないでください」と言ってしまうことです。

 

実際、ちょっと触っただけで濡れてしまう人もいるそうですが、それは体質なので仕方がありません。
そして、施術を行うエステティシャンや美容外科の看護師さんはまったく気にならないそうです。

 

施術を行っている最中は、自分の手元のことに集中しているため、こちらが気にするようなことに気を取られているヒマはないそうです。

 

その他の脱毛コラムもチェック♪

 

vioランキングはこちら